多くの参加者のステージを彩ってきた、20年目の「ステップ」

文字サイズ: |

黎明期のセブンイレブン、ピアニカやメロディオンは、一般的な呼び方が普及しておらず、人々は固有名詞で呼ぶしかありませんでしたが、分野が発展していつしか「コンビニ」「鍵ハモ」という言葉が広まっています。

20年前、戸沢睦子先生と一緒に「ステップ」を始めた時、検定でも合同発表会でもないピティナ・ピアノステップを「虹色のステージ」と呼んでいました。そして、いつかは一般名詞を定着させたいと思ってやってきました。

あれから20年。今も「ステップ」と呼ばれています

ここで他の業界、たとえば英語の検定に目を向けると、一般名詞は普及していません。英検、OEICと固有名詞で語られながら、非常に認知度が高くなっています。

ステップは参加者が年45,000人を超え、通算では50万人を超えるに至りました。日本人全員が知っているような催しにしたいですが、ピアノで「ステップ」と言えば「ピティナ・ピアノステップ」でもよいかなと思い始めています。


※この記事のご感想をこちらにお書き下さい。(Facebook登録者限定)
【GoogleAdsense】
ホーム > 専務理事コラム > ニュース > > 多くの参加者のステー...