各事業を見据えた出演者「オール・ピティナ」で迎える50周年コンサート

文字サイズ: |

1966年に創業されたピティナは今年で50周年です。

40周年記念の時は、サントリーホールでNHK交響楽団とともにピアノ・コンチェルトを3曲演奏するコンサートを開きました。このイベントはコンペティションを象徴するものでしたが、50周年に際しては、ステップやそれ以外の事業を象徴するイベントも盛り込むことを構想してきました。

2017年2月28日、東京芸術劇場で開催する50周年記念コンサートでは「オール・ピティナなオーケストラ」を組んでコンチェルトを演奏します。ステップのオプション企画として行われているコンチェルトや室内楽、そして学校クラスコンサートなどに共演して下さった演奏家の皆様、一人ひとりにオーケストラへの参加を依頼しています。
指揮者は最も多く「特級ファイナル」を振ってこられた岩村力先生です。

イベントの最後では、小原孝先生の『逢えてよかったね』を皆で大合唱します。ピティナを通して出会った方々の顔を思い浮かべることができればと願っています。


※この記事のご感想をこちらにお書き下さい。(Facebook登録者限定)
【GoogleAdsense】
ホーム > 専務理事コラム > ニュース > > 各事業を見据えた出演...