【公共財】大江戸パパゲーノステーション

活動団体
大江戸パパゲーノステーション(代表:金子 恵)
「アンサンブル教材が足りない」という問題に立ち向かう、編曲・録音・楽譜プロジェクト。
大江戸パパゲーノステーション

アンサンブルを基調とする金子恵先生のステーションが、埼玉から東京に拠点を移し、「大江戸パパゲーノステーション」として再始動。それに合わせ、誰もが困っている「アンサンブルの導入曲が足りない!」という問題を、ミュッセ、ピティナ・ピアノセミナーを使って解決に乗り出しました。魅力的な楽曲群が、それぞれトリオとデュオにアレンジされ、小学生から取り組める内容です。1年半計画での「教材開発」に指導者の皆様のご支援をお願いします。
◆ウェブサイト http://branch.piano.or.jp/oedo-papageno/

★2012年度は目標金額の10万円+4万円をご寄付いただきました
このプロジェクトの概要

クラシック音楽の豊かな世界は、ピアノソロだけでなく、オペラ、室内楽、民俗音楽等によって成り立っている。この世界を充分に知るためには、アンサンブルを学習するべきだが、子供が弾ける曲は圧倒的に不足している。
そこで、ヴァイオリニストの田辺秀樹先生、作・編曲家の松原幸広先生(ともにピティナ会員)を擁する大江戸パパゲーノステーション(金子恵先生)が、ステーションとして「アンサンブル曲の開発プロジェクト」を立ち上げる。
曲の音源は2013年3月、6月、9月と、3回のセミナー(同時に録音も実施)でピティナYouTubeチャンネルに無料公開され、それに合わせて楽譜が「ミュッセ」で販売される。
曲のレベルは、小学生低学年~高学年に合わせて、「ヴァイオリンとのデュオ」「ピアノトリオ」の双方が指導できるように整える。ぜひ全国のピティナ会員のレッスンで活用いただきたい。ステーションとしては2014年3月に、これらの楽曲を前面に押し出したステップを開催する。

大江戸パパゲーノステーション・アンサンブル曲集

◆セミナー&録音スケジュール
日程:2013年3月6日(水)、6月5日(水)、9月4日(水)
会場:音楽サロンパパゲーノ(東京都新宿区) 

2013年3月6日録音 モーツァルト◎『フィガロの結婚』より?恋とはどんなものかしら、『魔笛』より?夜の女王のアリア、かわいい娘か女房がいれば、『アイネ・クライネ・ナハトムジーク』より/第1楽章 
シューベルト◎軍隊行進曲
ヨーゼフ・ランナー◎ハンス・イェルゲル・ポルカ
ドイツ映画(1939年)◎ベラミ
2013年6月5日録音 アンダーソン◎ワルツィング・キャット、シンコペーテッド・クロック
チャイコフスキー◎白鳥の湖より 4羽の白鳥達の踊り
シューベルト◎楽興の時
ベートーベン◎トルコ行進曲
サンサーンス◎動物の謝肉祭より『象』『水族館』

楽譜の販売 ミュッセ」で販売します。発売後半年間は無料でダウンロード可(3月6日録音曲は発売・公開中)
編曲家 松原幸広 国立音楽大学ヴァイオリン科卒業。弦楽器雑誌『サラサーテ』に楽曲を多数、提供。
【GoogleAdsense】
ホーム > 協会概要 > CrossGiving > 【公共財】大江戸パパゲーノステーション