ホーム コンクール ステップ セミナー コンサート 指導力アップ ピアノ教室紹介 ピアノ曲事典 読み物・連載
グラナドス  :  スペイン舞曲集
Granados, Enrique  :  Danzas espanolas  Op.37
ピアノ独奏曲 [pf/ 曲集・小品集

作品概要

楽章・曲名 演奏時間
1 ガランテ(メヌエット)  /  Galante (Minuetto)  2分 30秒  -- 
2 オリエンタル  /  Oriental  5分 30秒  -- 
3 ファンダンゴ(サラバンド)  /  Fandango (Sarabanda)   4分 00秒  -- 
4 ビリャネスカ  /  Villanesca  7分 00秒  -- 
5 アンダルーサ(祈り)  /  Andaluza (Playera)  4分 00秒  -- 
6 ホタ(ロンデーリャ・アラゴネーサ)  /  Jota (Rondella aragonesa)  4分 30秒  -- 
7 バレンシアーナまたはカレセーラ  /  Valenciana o Calesera  5分 00秒  -- 
8 サルダーニャ(アストゥリアーナ)  /  Sardana(Asturiana)  4分 00秒  -- 
9 ロマンティカ(マズルカ)   /  Romantica(Mazurka)  6分 00秒  -- 
10 メランコリカ(悲しき舞曲)  /  Melancolica (Danza triste)  5分 00秒  -- 
11 ボレロ(サンブラ)  /  Bolero (Zambra)  8分 00秒  -- 
12 アラベスカ  /  Arabesca   5分 30秒  -- 
55分 0秒
作曲年:1892-1900
出版年:1893
初出版社:Dotésio

楽曲解説

総説 2014年3月  執筆者: 井澤 友香理
全12曲から成るピアノ小品集。1880 年代半ばに作曲を師事していたフェリペ・ペドレルの影響を受け、スペイン民族主義を意識して作曲された最初期の作品である。グラナドスはこの作品集の一部 (第 1 集、 第 1~3 番のみ) をバルセロナにて行った自身初の公開演奏会で披露し、ピアニストとしてだけでなく、作曲家としての名声も高めた。特に同時代のフランスの作曲家ジュール・マスネは、この作品の楽譜のコピーをグラナドスから受け取った際、作曲家グラナドスを「スペインのグリーグ」と呼び、称賛した。
グラナドスの作品の中ではこんにちよく知られており、特に第 5 番〈アンダルーサ〉は演奏機会が多い。管弦楽、ギターなど様々な編曲もされている。
1 曲ずつにタイトルが付けられているが、グラナドスの孫弟子に当たるピアニスト、アリシア・デ・ラローチャによると、グラナドス自身が付けたものは 4 曲目〈ビリャネスカ〉、7 曲目〈バレンシアーナまたはカレセーラ〉のみである。他の曲のタイトルは、バルセロナの出版社、ユニオン・ムシカル・エスパニョーラ Union Musical Española によって後に付けられたものなので注意が必要である。全ての曲が当時グラナドスと親交のあった人物に献呈され、その中には後に妻となるアンパロ・ガルや、ロシア五人組の一人、セザール・キュイらが含まれている。
成立背景 2014年3月  執筆者: 井澤 友香理
この作品の成立には、グラナドスが 1880 年代半ばに師事していたフェリペ・ペドレルが大きく関わっている。ペドレルはこんにち「スペイン国民楽派の父」と呼ばれる作曲家・音楽学者で、スペイン固有の音楽様式の確立を試みていた。グラナドスはこの作品において既存の民謡をそのまま引用することはしていないが、スペイン国内の音楽におけるあら
ゆる要素を意識していることは明らかである (例えば第 3 曲〈ファンダンゴ〉はその名の通り、フラメンコで用いられる典型的なファンダンゴのリズムを基調とし、第 5 曲〈アンダルーサ〉には、スペインにおける音楽を語る上で不可欠な楽器であるギターの奏法が模倣されている)。
本作は、パリに留学していた 1887 年 (20 歳) ~ 1889 年頃作曲が始められ、1890 年に完成したと考えられている。同年、バルセロナの出版社カーサ・ドテシオ (現在は同地の出版社ユニオン・ムシカル・エスパニョーラ Union Musical Española に引き継がれている) から 3 曲ずつ 4 巻に分けて出版され、同年 4 月 20 日バルセロナのテアトレ・リリックで作曲家自身によって初演された。
総説 2007年10月  執筆者: 齊藤 紀子
 各々3曲から成る4つの曲集により構成された全12曲の舞曲集。既成の曲を利用することなく、各舞曲を独創的に創造している。尚、各曲のタイトルは、アメリカで出版された楽譜に基づいている。
 第1曲目の<メヌエット>は、ト長調の4分の3拍子。リズミカルで力強い性格を持つ。
 第2曲目の<オリエンタル>は、ハ短調の4分の3拍子。印象深いアルペジオに乗り、哀愁を帯びたメロディーが歌われる。
 第3曲目の<サラバンダ>は、ニ長調の4分の3拍子。この舞曲は、バロック期の洗練されたサラバンドとは印象が異なり、エネルギーがみなぎる、より原初的な舞曲である。
 第4曲目の<ビリャネスカ>は、ト長調の4分の2拍子。<ビリャネスカ>とは、「村人の歌」の意味である。この曲は、牧歌的な雰囲気を持ち、鈴の音が印象的である。
 第5曲目の<アンダルーサ>は、ホ短調の8分の6拍子。ギターの編曲により、この曲集の中最も名高い作品となった。ギター風の伴奏と、哀愁を帯びたメロディーが組み合わされる。
 第6曲目の<ロンダリア・アラゴネーサ>は、ニ長調の4分の3拍子。「ロンダリア」とは、「民族的な弦楽団」を意味する。 
 第7曲目の<バレンシアーナ>は、ト長調の4分の3拍子。「バレンシア」は、オレンジの産地として有名なスペイン東海岸の町の名である。躍動的で、変化に富んだ曲。
 第8曲目の<アストゥリアーナ>は、ハ長調の4分の2拍子。スペイン北部にあるアストゥリア地方の舞曲である。明るく快活な性格を備えている。
 第9曲目の<マズルカ>は、変ロ長調の4分の3拍子。ポーランド的なマズルカとはやや異なり、スペインらしい、躍動感溢れる舞曲である。
 第10曲目の<悲しき舞曲>は、ニ長調の4分の3拍子。様々な表情を持ち、変化に富んだ曲となっている。
 第11曲目の<サンブラ>は、4分の3拍子。ト長調で記譜されているが、音楽としてはフリギア旋法が特徴的である。<サンブラ>とは、グラナダ地方のムーア人の舞曲。
 第12曲目の<アラベスカ>は、イ短調の4分の3拍子。

コンサート この曲が演奏されるコンサート

今後のコンサート情報は現在未登録です。

ミュッセアイコン 楽譜情報

 エイブルマート楽譜一覧 原曲作品 編曲作品

 ミュッセ楽譜一覧

NMLicon NAXOS 
※ マイページへのログインが必要です
※ スマートフォン等の利用について