ホーム コンクール ステップ セミナー コンサート 指導力アップ ピアノ教室紹介 ピアノ曲事典 読み物・連載
バッハ  :  アンナ・マクダレーナ・バッハの音楽帳 第2巻
Bach, Johann Sebastian  :  Das zweiten Notenbuch für Anna Magdalena Bach  BWV Anh.113-132,183, 508-517 etc.
ピアノ独奏曲 [pf/ 曲集・小品集

作品概要

楽章・曲名 演奏時間
3 メヌエット  /  Menuett BWVAnh.113  F-Dur 1分 50秒 譜例
4 メヌエット  /  Menuett BWVAnh.114  G-Dur 1分 30秒 譜例
5 メヌエット  /  Menuett BWVAnh.115  g-moll 1分 40秒 譜例
6 ロンド  /  Rondo BWVAnh.183  B-Dur 3分 50秒 譜例
7 メヌエット  /  Menuett BWVAnh.116  G-Dur 2分 00秒 譜例
8 ポロネーズ  /  Polonaise BWVAnh.117  F-Dur 1分 20秒 譜例
9 メヌエット  /  Menuett BWVAnh.118  B-Dur 1分 20秒 譜例
10 ポロネーズ  /  Polonaise BWVAnh.119  g-moll 1分 00秒 譜例
11 コラール  /  Choral "Wer nur den lieben Gott Lässt walten" BWV.691  a-moll 1分 50秒
14 メヌエット  /  Menuett BWVAnh.120  a-moll 1分 40秒 譜例
15 メヌエット  /  Menuett BWVAnh.121  c-moll 1分 20秒 譜例
16 行進曲  /  Marche BWVAnh.122  D-Dur 1分 05秒 譜例
17 ポロネーズ  /  Polonaise BWVAnh.123  g-moll 1分 30秒 譜例
18 行進曲  /  Marche BWVAnh.124  G-Dur 1分 30秒 譜例
19 ポロネーズ  /  Polonaise BWVAnh.125  g-moll 1分 40秒 譜例
20 アリア  /  Aria "So oft ich meine Tobackspfeife" BWV 515  d-moll 0分 50秒
21 メヌエット  /  Menuett   G-Dur 1分 20秒 譜例
22 ミュゼット  /  Musette BWVAnh.126  D-Dur 1分 10秒 譜例
23 行進曲  /  Marche BWVAnh.127  Es-Dur 1分 30秒 譜例
24 ポロネーズ  /  Polonaise BWVAnh.128  d-moll 1分 30秒 譜例
26 アリア  /  Aria aus / from Goldberg-Variationen BWV.988/1  G-Dur 2分 40秒
27 チェンバロ独奏曲  /  Solo per il cembalo BWVAnh.129  Es-Dur 3分 10秒 譜例
28 ポロネーズ  /  Polonaise BWVAnh.130   G-Dur 2分 10秒 譜例
32 (曲名なし)  /  BWVAnh.131  F-Dur 1分 00秒 譜例
36 メヌエット  /  Menuett BWVAnh.132  d-moll 1分 00秒 譜例
41分 25秒
出版年:1725

楽曲解説

総説 2007年9月  執筆者: 朝山 奈津子
(上記の表は、《アンナ・マグダレーナ・バッハの音楽帳第2巻》のみに伝えられる鍵盤曲のみ。全体は資料:全体構成参照。)

 バッハは2度目の妻アンナ・マグダレーナに2巻の音楽帖を贈った。1冊目は1722年に作られ、大半が失われてしまったが、現存する部分は《フランス組曲》第1-5番の初期稿を伝えている。2冊目は1725年に書き始められた。内容は雑多とも言えるほど様々な種類にわたっている。もっともバッハ自身が書いたのは最初の2つのパルティータを含めた数曲だけで、残りはほぼアンナ・マグダレーナ自身が折にふれ書き込んでいった。家庭用の愉しみ以上に、子供たちの音楽教育を目的として綴られたものと考えられている。1740年ころまで続けられた音楽帖は、アンナ・マグダレーナの筆跡の変遷を知る上でも極めて貴重な資料である。また、表紙の頭文字「AMB」にエマーヌエルが母のフルネームを書き加えたり、誰のものかは判らないが幼い筆致で書き写された部分があったりと、バッハ家の和やかな家庭の雰囲気をうつしとったようなアルバムでもある。
 収められた作品には、舞曲などクラヴィーア用の小品、アリアやコラールなど声楽曲、さらに通奏低音の規則までもがある。多くはバッハの作品ではないが、作曲者名が書かれておらず、現在もその特定のための議論が続いている。おそらくバッハの息子たちの作品もかなり含まれていると思われる。
 鍵盤用の小品は大抵がギャラントな二部構成の舞曲で、その多くが現在でもバロック音楽への端緒としてレッスンに用いられている。大規模な作品としては、《パルティータ》や《フランス組曲》のほかに、エマーヌエル・バッハのソナタの1楽章や、《平均律クラヴィーア曲集》第1巻第1番の前奏曲が書き込まれている。

 27曲目に書き付けられた変ホ長調の行進曲(BWV Anh. 127)は、作曲者不明。3度和音の連打や同音反復のバス、単純な和声進行はJ. S. バッハの様式ではあり得ない。推進力あるアウフタクトや細分化するリズムに18世紀中葉の様式が窺えることから、C. P. E. バッハの作とも考えられるが、確証はない。
 和音を連打する動機は、撥弦によって音を出すチェンバロにうってつけの効果を生む。撥弦のポイントをテンポと微妙にずらすことで、時間の流れを自在にコントロールすることができるからである。3分割と2分割のリズムが入り乱れる走句や散りばめられたトリルもテンポ感のコントロールに役立っている。すなわち水平方向の音の密度によって濃淡が生まれ、気ままに流れたり止まったりする水面の落ち葉のような動きが描かれる。さらに、随所に顔を出す跳躍がユーモアを添える。全体を通じて「行進曲」のリズムである4分音符の刻みは絶えることがないが、こうしたさまざまな要素によって単調さを免れ、自由な空気に満ちた小品となっている。


※《アンナ・マグダレーナ・バッハの音楽帳第2巻》の曲目は「資料:全体構成」をご覧下さい。




 ところで、作品番号500番台を割り振られた10の歌曲は、この音楽帖が伝える重要な作品群である。原旋律は讃美歌の他、作者不詳のものが多いが、和声と伴奏はバッハあるいはその家族による。ひとつの歌曲が異なる調で現れるのは、アンナ・マグダレーナの声域に合わせて移調したものだろう。これらは通奏低音の教材として使われたとみられる。旋律の伴奏付けは当時の音楽家にとってもっとも基礎的な技能だった。第2巻の最後の数ページにはアンナ・マグダレーナの筆跡で通奏低音の規則が列挙されている。
 バッハ作品番号順に列挙する。左の数字は、《音楽帖》のNBA配列による番号。


25. コラール〈御身が共にあるならば〉"Bist du bie mir" Es-Dur 508 (G.H. シュテルツェル)
41. アリア〈思いみよ、我が霊〉Aria "Gedenke doch, mein Geist" Es-Dur BWV 509(作曲者不明)
12. コラール〈己が平安に帰り〉Choral "Gib dich zufrieden und sei stille" F-Dur BWV 510 
   (ヨハン・ゲオルク・ベルンハルトが和声付けしたものとの説あり)
13a. コラール〈己が平安に帰り〉Choral "Gib dich zufrieden und sei stille" g-Moll BWV 511 (J.S. バッハ?)
13b .コラール〈己が平安に帰り〉Choral "Gib dich zufrieden und sei stille" e-Moll BWV 512
   (BWV511を3度下に移調したもの)
41. コラール〈おお永遠、そは雷の言葉〉Choral "O Ewigkeit, du Donnerwort" BWV 513 (J. クリューガーによる旋律。)
35. コラール〈我を取り計らいたまえ、神よ〉Choral "Schaff's mit mir, Gott" C-Dur BWV 514
   (不明だが、バッハ自身の作曲によるとも言われる。音名と低音数字が書き込まれている。)
20b. アリア〈パイプにおいしいタバコを詰めて〉Aria "So oft ich meine Tabackspfeife" d-Moll BWV 515b
   (アンナ・マグダレーナの最初の子、ヨハン・ゲオルク・ハインリヒ作の旋律を母が書き取り、父が伴奏付けしたもの。歌詞は当時流行した詩による。)
33. アリア〈汝なにゆえに憂うるや〉Aria "Warum betrubst du dich" f-Moll BWV 516 (作曲者不明)
40. コラール〈何と幸せな我〉Choral "Wie Wohl ist mir" F-Dur BWV 517 (作曲者不明)
総説 2017年7月  執筆者: 原 晶穂
〈メヌエット ト長調〉Christian Petzold(《アンナ・マグダレーナ・バッハの音楽帳》より)

 この曲は、ヨハン・セバスティアン・バッハが編んだ《アンナ・マグダレーナ・バッハの音楽帳》に含まれているが、作曲者はドレスデン、ゾフィー教会のオルガニスト、クリスティアン・ペツォールト(1677-1733)であることが、近年の研究で明らかにされている。
 このメヌエットのメロディーは、この《音楽帳》の中で最も有名なものである。しばしば同主調(ト長調とト短調)関係にある〈メヌエット ト短調 BWV Anh.115〉とセットで演奏される。
総説 2017年6月  執筆者: 原 晶穂
〈ニ長調のミュゼット〉BWV Anh.126
 〈ニ長調のミュゼット〉はJ.S.バッハ(1685-1750)の《アンナ・マグダレーナ・バッハの音楽帳》に含まれる曲である。
 ミュゼットとは、17、18世紀にフランスの地方の民俗楽器のことで、バクパイプの一種である。また、ミュゼットは牧歌的、つまりのどかな田舎風の旋律による楽曲や舞曲を意味する場合もある。
 この曲の左手は1〜2、5〜6小節でニ音を、9〜12小節でイ音を、12〜17小節でホ音を保ち続けている。このことによって、素朴で陽気な踊りのスタイルが表現されている。
演奏のヒント 2017年8月  執筆者: 大井 和郎
メヌエット ト長調

メヌエットとはそもそも「中ぐらいのテンポで、ステップは小幅で」という意味があり、小幅がフランス語のmenu(小さい)という意味から来ています。優雅な舞曲という意味で知られています。さて、それではその中くらいのテンポとはどれほどゆっくり、どれほど速いのかという議論になりますね。

筆者も色々なテンポを試してみましたが、要は「8分音符が重たくなく聞こえるテンポ」を選択すれば良いという結論に達しました。必要以上に遅くしてしまうとこの8分音符が大変重たく、1つ1つの音符のアタックが、音楽を横に流れなくさせてしまいます。例えば5小節目、右手の2-3拍の8分音符を弾いたとき、この4つの8分音符を1つのフレーズとして弾くように心がけ、決して4つの音1つ1つに力が入っているように聞こえないテンポという意味です。学習者の皆様は先生と相談の上、心地よいテンポを選択してください。

形式はABAで:
A 1-8(9)
B 10-17
A 18-25
になります。最初のAは3つに分かれており、1-2、3-4、5-8(9)小節間となります。それぞれの説明です。

1-2小節間 2小節目右手1拍目のH向かって進んでいく感じを出します。かといって決してtempoを急いだりするのでは無く、方向的にHに向かって進んでいる様子が聞こえれば良いです。別の言葉で言うと、1小節目右手3つのDが平坦にならないようにします。

3-4小節間 右手は4小節目のHに向かいます。左手はしかしながら4小節目の1拍目Gは前の小節のFisの解決音になりますので、このGに力は入りません。
5-8小節間 6小節目を最も大きくするように弾きます。5小節目の右手のシークエンスが6小節目に現れますね。当然6小節目の方を大きめに弾き、後には7-8小節間と衰退していきます。

10-13小節間 気分を変え、リフレッシュする感じです。ダイナミックも大きくなります。調はD-durですがなかなかトニックには行きませんね。テンションの高い部分です。

14-17小節間 再びシークエンスです。ただし今回は音がかなり高い位置にありますので、それなりの音量を与えます。
18-19小節間 右手のパッセージはDCHAGと考え、右に行くに従ってDeminuendoをかけます。
それから先は最初のAと同じです。

音源 音源情報

Youtube PTNAチャンネル音源

外部動画

コンサート この曲が演奏されるコンサート

今後のコンサート情報は現在未登録です。

ミュッセアイコン 楽譜情報

 エイブルマート楽譜一覧 原曲作品 編曲作品

(株)全音楽譜出版社
(株)全音楽譜出版社
(株)全音楽譜出版社

 輸入楽譜 

 ミュッセ楽譜一覧

  アリア ニ短調 BWV Anh.515   Neil A. Kjos Music Company

 同時期に作曲された楽曲

申し訳ございません。
この楽曲からは同時代の楽曲検索を行うことができません。