ホーム コンクール ステップ セミナー コンサート 指導力アップ ピアノ教室紹介 ピアノ曲事典 読み物・連載
サティ  :  嫌らしい気取り屋の3つの高雅なワルツ
Satie, Erik  :  3 Valses du precieux degoute
ピアノ独奏曲 [pf/ 曲集・小品集

作品概要

楽章・曲名 演奏時間
1 彼の容姿  /  "Sa taille"  1分 00秒  -- 
2 彼の眼鏡  /  "Son binocle"  1分 30秒  -- 
3 彼の脚  /  "Ses jambes"  1分 00秒  -- 
3分 30秒
作曲年:1914
出版年:1916
初出版社:Rouart-Lerolle

楽曲解説

総説 2007年11月  執筆者: 樋口 愛
三曲構成のこの曲をサティは、一日一曲ずつ、三日間で書いた。三曲それぞれに序文のようなものと曲中にはユニークな文章が添えられている。主人公となる男性の肉体的な部分や性格をとらえた内容である。曲は、1911年にラヴェルが作曲した、《高雅にして感傷的なワルツ》を意識して作曲したのではないかといわれている。
第一曲《かれの容姿》は、度を越えたナルシストでかっこつけの性質をもった男性が書かれている。曲は拍子や調性、終止もない。ワルツのリズムだが心地よいワルツのテンポではなくい。左の低音、二分音符中心の流れが重さを感じさせかったるいワルツとなっている。
第二曲《かれの鼻眼鏡》は、ご婦人からの贈り物であった鼻眼鏡を失くし、気力を落とした男の様子が内容となっている。。曲は、左手の動きがサティ作曲の《ジムノペディ》を思わせるモティーフとなっている。反音や全音の幅、跳躍の少ない動きが虚無感を感じさせている。気力のない、拍子抜けした様なワルツである。
第三曲《かれの脚》は、女性が夜に正装して現れ、それに対する男の目線からの思いが内容となっている。“彼女たち”と書かれた文章は隠語で“脚”であると書いている。曲は、全曲同様拍子はないが、この曲にはアクセントがつけられており、ワルツの三拍が軽快な流れを作り出している。
三曲通して、ワルツのありかたを考えさせられる魅力的な曲となっている。

音源 音源情報

Youtube PTNAチャンネル音源

コンサート この曲が演奏されるコンサート

今後のコンサート情報は現在未登録です。

ミュッセアイコン 楽譜情報

 ミュッセ楽譜一覧

NMLicon NAXOS 
※ マイページへのログインが必要です
※ スマートフォン等の利用について