ホーム コンクール ステップ セミナー コンサート 指導力アップ ピアノ教室紹介 ピアノ曲事典 読み物・連載
ベートーヴェン  :  6つのバガテル
Beethoven, Ludwig van  :  6 Bagatellen  Op.126
ピアノ独奏曲 [pf/ バガテル

作品概要

楽章・曲名 演奏時間
1 ト長調 op.126-1  /  G-Dur  ト長調 3分 00秒  -- 
2 ト短調 op.126-2  /  g-Moll  ト短調 3分 00秒  -- 
3 変ホ長調 op.126-3  /  Es-Dur  変ホ長調 2分 30秒  -- 
4 ロ短調 op.126-4  /  h-Moll  ロ短調 4分 00秒  -- 
5 ト長調 op.126-5  /  G-Dur  ト長調 2分 30秒  -- 
6 変ホ長調 op.126-6  /  Es-Dur  変ホ長調 4分 30秒  -- 
19分 30秒
作曲年:1823-24
出版年:1825
初出版社:Schott

楽曲解説

総説 2009年7月  執筆者: 岡田 安樹浩
この作品には、異なる時期に書きつけられた3種類のスケッチと、浄書譜が存在する。これらは1823年から24年にかけて書かれたもので、同時期には『ディアベリのワルツによる変奏曲』が作曲されている。
6曲からならこのバガテルは、1曲目のスケッチの欄外に「小曲の連作Ciclus von Kleinigkeiten」と書き込まれていることから、通して演奏されることが意図されていたことがわかる。
全体は、ゆったりとしたテンポでアリオーソ風の楽想を中心とした楽曲と、急速なテンポによる楽曲とが交互に配置されており、このような配列は後期の弦楽四重奏曲(嬰ハ短調Op.131など)にみられる。また、第1・3曲の途中に挿入されるカデンツァ風の走句も、後期のピアノ曲に多数認められるものである(Op.110など)。
楽曲相互の調性関係は、第1曲ト長調から第2曲ト短調への同主調関係にはじまり、VI度調(長3度下)の第3曲変ホ長調、つづいて第4曲ロ短調は同主短調のVI度調(変ハ短調)の異名同音読み換え、第5曲ト長調はVI度調、そして終曲の変ホ長調は同主短調のVI度調と、ベートーヴェンが積極的に導入している上下3度の関係調とその異名同音読み換えによって関連づけられている。

コンサート この曲が演奏されるコンサート

今後のコンサート情報は現在未登録です。

ミュッセアイコン 楽譜情報

 エイブルマート楽譜一覧 原曲作品 編曲作品

 輸入楽譜 

 ミュッセ楽譜一覧

NMLicon NAXOS 
※ マイページへのログインが必要です
※ スマートフォン等の利用について