ホーム コンクール ステップ セミナー コンサート 指導力アップ ピアノ教室紹介 ピアノ曲事典 読み物・連載
リスト  :  オルガンのための6つの前奏曲とフーガ
Liszt, Franz  :  6 praeludium und fuge für orgel  S.462  R.119
ピアノ独奏曲 [pf/ リダクション/アレンジメント

作品概要

楽章・曲名 演奏時間
1 BWV 543  a-moll 10分 40秒  -- 
2 BWV 544  h-moll 10分 30秒  -- 
3 BWV 545  C-Dur 5分 30秒  -- 
4 BWV 546  c-moll 9分 50秒  -- 
5 BWV 547  C-Dur 7分 30秒  -- 
6 BWV 548  e-moll 13分 20秒  -- 
57分 20秒
作曲年:1842-50
出版年:1852

楽曲解説

総説 執筆者: 高須 博
J・Sバッハのオルガン作品の名作。中部ドイツ風のオルゲンプンクトトッカータタイプといえる。〈プレリュード〉は、オルガンの名手バッハならではの早いパッセージを含み5声部まで次々と音を重ねて盛り上がる。4声部の〈フーガ〉は、初期の作品に特有な若々しい躍動感と激烈さが秩序だった形式感と見事に統合されている。最後に自由な即興風のコーダで華々しく曲が終わる。
バッハの偉大なオルガン音楽を足鍵盤の分まで両手だけのピアノで弾いてしまおうとしたのは、音楽史上最大のピアニスト、フランツ・リスト(1811-1886)がたぶん初めてであろう。原曲を慎重にピアノに移しかえたリストの巧みさは、あたかも最初からピアノのために書かれた作品であるかのように思われる。
■参考文献: 「バッハ・トランスクリプション・リサイタル1」のライナーノートより転載

コンサート この曲が演奏されるコンサート

今後のコンサート情報は現在未登録です。

ミュッセアイコン 楽譜情報

現在楽譜情報は登録されておりません。