ホーム コンクール ステップ セミナー コンサート 指導力アップ ピアノ教室紹介 ピアノ曲事典 読み物・連載
バルトーク  :  野外にて
Bartok, Bela  :  Szabadban
ピアノ独奏曲 [pf/ 曲集・小品集

作品概要

楽章・曲名 演奏時間
1 笛と太鼓  /  "Sippal, dobbal"  2分 00秒  -- 
2 舟歌  /  "Barcarolla"  3分 00秒  -- 
3 ミュゼット  /  "Musettes"  3分 00秒  -- 
4 夜の音楽  /  "Az ejszaka zeneje"  5分 30秒  -- 
5 狩  /  "Hajsza"  2分 30秒  -- 
16分 0秒
作曲年:1926

楽曲解説

総説 2007年7月  執筆者: 和田 真由子
バルトークは、初期の作曲において、民謡素材に基づくピアノ曲を多く作曲した。
しかし、1923年、オーケストラ作品《舞踏組曲》の作曲を最後に、3年間、創作活動を中断している。この準備期間を経て、1926年、バルトークは、初期の作品とは全く異なる作風をもって、自ら「後期」への意思を示したのであった。

この曲は、その1926年6月~8月にかけてかかれたもので、同年に《ピアノソナタ》も作曲されている。《ピアノソナタ》がバルトークの古典派的形式理念の表したものだとすると、対照的な理念として、《野外にて》は描写音楽の領域にある。このような描写的な音楽は、《十四のパガテル(1908)》、《七つのスケッチ(1908~10)》、管弦楽の《二つの映像(1910)》、《三つのブルレスク(1908~11)》などの中でも試みていたものである。

5つの楽章からなる。第3楽章を中心として、第1、第5楽章が対の内容をもち、また、第2、第4楽章は共通の性格をもっている。この構成は、のちの《第四弦楽四重奏曲(1934)》などに、より完成した形であらわれている。

第1楽章:「笛と太鼓で」
演奏技巧は、《ピアノソナタ》と同程度である。行進調の、個性的な曲。

第2楽章:「舟歌」
拍子が変化することにより、波にゆられる舟の雰囲気がつくりあげられている。

第3楽章:「ミュゼット」
ミュゼットとはフランス語でいうバグパイプを意味し、それが転じて楽曲名にもなっている。楽器の音程のきしみや振動音が小音符であらわされており、これは指先で弾くのではなく、手の横ゆれを用いて表出するとよいだろう。

第4楽章:「夜の音楽」
妻のディッタ・パーストに献呈された。

第5楽章:「狩」
16分音符の急速なオスティナートの音型に、全音音階による短い旋律が乗る。右手の旋律を奏する際、その求心点をどこにおくのかをはっきりと意識したい。

音源 音源情報

コンサート この曲が演奏されるコンサート

今後のコンサート情報は現在未登録です。

ミュッセアイコン 楽譜情報

 エイブルマート楽譜一覧 原曲作品 編曲作品

NMLicon NAXOS 
※ マイページへのログインが必要です
※ スマートフォン等の利用について

現在NAXOS作品が登録されておりません。