ホーム コンクール ステップ セミナー コンサート 指導力アップ ピアノ教室紹介 ピアノ曲事典 読み物・連載
ライネッケ  :  ソナタ形式による幻想曲 ハ長調
Reinecke, Carl Heinrich Carsten  :  Phantasie in Form einer Sonate C-Dur  Op.15
ピアノ独奏曲 [pf/ 即興曲

作品概要

楽章・曲名 演奏時間
1 第1楽章  /  Mov.1  6分 00秒  -- 
2 第2楽章  /  Mov.2  12分 30秒  -- 
3 第3楽章  /  Mov.3  1分 30秒  -- 
4 第4楽章  /  Mov.4  4分 30秒  -- 
24分 30秒
作曲年:1847
出版年:c.1848
初出版社:Breitkopf

楽曲解説

総説 執筆者: 上田 泰史 
「幻想曲(ファンタジー)」と「ソナタ」はいずれも19世紀の代表的な作曲ジャンルである。前者は一般に作曲者が着想の趣くままに書かれる即興的なスタイルの楽曲、後者は主題旋律とその一貫した論理的展開をもつ楽曲をさす場合が多い。だが、作曲家は慣習に囚われない自由な形式の試みとしてソナタと幻想曲をしばしば融合させた。ベートーヴェンはすでに1801年に「月光ソナタ」を含む作品27の二作品を「幻想曲風ソナタSonata quasi una Fanasia」と名付けている。ライプツィヒにおけるライネッケの先輩メンデルスゾーンにも《幻想曲―スコットランド・ソナタ》作品28という作品がある。ソナタと言えば当時作曲家が若いころに取り組む模範的なジャンルであったが、教科書的なソナタを避け、敢えてソナタ風幻想曲を選んだところに彼の気概が感じられる。内容も20代の青年に相応しからぬ熟練ぶりを示す。

◆第1楽章 Allegro ト長調
全体は冒頭数小節に提示される二つの対照的なモチーフを素材として構築される。主題の提示―展開―再現という典型的なソナタ形式の構成は避けられ、主題提示部に展開部が組み込まれた体裁をとる。この形式の自由さに幻想曲と呼ばれる根拠が求められよう。

◆第2楽章 Andante 変ホ長調
二つのカンタービレな主題によって構成されるソナタ形式風の緩徐楽章。曲中・曲尾に、第一楽章の冒頭にきかれた三連符のモチーフが現れる。最後の主題再現は、二つの主題が異なる音域で同時に提示されるという巧みな手法をとる。

◆第3楽章 Mazurka, Molto vivace ト短調
18世紀ならここにメヌエットかスケルツォが置かれるのが普通だが、ライネッケは同じ三拍子ということでポーランドの舞踊マズルカを置いた。彼はショパン作品の校訂も手掛けており、19世紀末に開発された自動再生ピアノにも自身の弾くショパンのマズルカを吹き込んでいる。

◆第4楽章 Finale Allegro ト長調
ひそやかな情熱を秘める開始の旋律とそれに続く半音階的なシンコペーションのリズムを基本素材として展開される。譜面は一見音数が少ないようだが、きわめてシンフォニクでダイナミックな音響が立ち上る。最小限の音符で最大限の効果を発揮する経済的な書法に、彼の作曲技術の高さを見て取ることができよう。

音源 音源情報

コンサート この曲が演奏されるコンサート

今後のコンサート情報は現在未登録です。

ミュッセアイコン 楽譜情報

現在楽譜情報は登録されておりません。

NMLicon NAXOS 
※ マイページへのログインが必要です
※ スマートフォン等の利用について

現在NAXOS作品が登録されておりません。