ホーム コンクール ステップ セミナー コンサート 指導力アップ ピアノ教室紹介 ピアノ曲事典 読み物・連載
リスト  :  巡礼の年 第1年「スイス」
Liszt, Franz  :  Années de pèlerinage première année "Suisse"  S.160/R.10  A159
ピアノ独奏曲 [pf/ 曲集・小品集

作品概要

楽章・曲名 演奏時間
1 「ウィリアム・テルの聖堂」  /  "La chapelle de Guillaume Tell"  6分 30秒  -- 
2 「ワレンシュタットの湖で」  /  "Au lac de Wallenstadt"  3分 00秒  -- 
3 「牧歌」(パストラール)  /  "Pastorale"  2分 00秒  -- 
4 「泉のほとりで」  /  "Au bord d'une source"  4分 00秒  -- 
5 「夕立」  /  "Orage"  4分 30秒  -- 
6 「オーベルマンの谷」  /  "Vallée d'Obermann"  14分 30秒  -- 
7 「牧歌」(エグローグ)  /  "Églogue"  4分 00秒  -- 
8 「郷愁」  /  "Le mal du pays"  6分 00秒  -- 
9 「ジュネーヴの鐘」  /  "Les cloches de Genève"  6分 30秒  -- 
51分 0秒
作曲年:1848-55
出版年:1855
初出版社:Schott

楽曲解説

総説 2009年8月  執筆者: 伊藤 萌子
《巡礼の年》(《巡礼の年報》とも訳される)は《第1年》、《第2年》、《第2年補巻》、《第3年》の4集から成るピアノ独奏曲集である。リストが二十代から六十代にかけて作曲した作品が集められており、リストの驚異的なピアニズムと絵画的な表現に対する天賦の才能が見られる。
《巡礼の年 第1年スイス》は、1835年から36年にかけて、マリー・ダグー伯爵夫人とふたりで旅したスイスでの印象をもとに作曲されている。
《第1年スイス》は当初、《旅人のアルバム》(三部・全十九曲から成り、さまざまな曲名で出版されるなど複雑な成立過程を持つ作品)として、1836年から1842年の間に何度か出版されたものである(最終的には1842年10月に、ウィーンのハスリンガー社から三部まとめて出版された)。リスト自身は《旅人のアルバム》について、「もっとも強い感動、もっとも鮮明な印象を音で表現した」と述べている。
今日よく知られている《巡礼の年 第1年スイス》は、その《旅人のアルバム》第一部の五曲と第二部の二曲を改訂し、新たに二曲を追加した、全九曲の作品集である。ヴァイマル宮廷楽長時代の1855年にショット社から出版された。第6番「オーベルマンの谷」 / "Vallee d'Obermann"のように文学作品と結びついたものもあるが、スイスの自然や民謡と密接な関係にある曲が大半を占めている。

第1番「ウィリアム・テルの聖堂」 / "La chapelle de Guillaume Tell"
スイスの独立に関わったとされる英雄ウィリアム・テルを描いている。重々しく荘重なフレーズから始まり、勝利に向かうウィリアム・テルの様子が示される。楽曲の最後では再び冒頭のフレーズが感動的に再現される。

第2番「ワレンシュタットの湖で」 / "Au lac de Wallenstadt"
タイトルはバイロンの『チャイルド・ハロルドの巡遊』より。魅力的な牧歌風の曲。
左手の伴奏は船の艪を動かす様子をあらわし、優美で静寂を帯びた旋律が付けられている。

第3番「牧歌」(パストラール) / "Pastorale"
パストラールとは牧歌的情景を描くか、その雰囲気を表現した作品のことで、もとはキリスト降誕の場面における羊飼いの笛を模した,イタリア起源の器楽曲。穏やかな12/8(6/8)拍子,平行3度,持続低音,対照的フレーズなどを特徴とする。本作品においても、穏やかな旋律と持続低音の印象的なテーマと、繰り返される短くリズミカルなテーマと対照的なテーマとが登場する。終結部では、完全終止せずに次の曲へと続いている。

第4番「泉のほとりで」 / "Au bord d'une source"
タイトルはドイツの詩人シラーの詩『追放者』より。魅力的な牧歌風の曲で、そのタイトルが示すように瑞々しさに溢れる。《スイス 第一年》の中で最もよく知られており、本作品のみを取り出して演奏することも多い。後の《エステ荘の噴水》につながる傑作とされる。

第5番「夕立」 / "Orage"
タイトルはバイロンの『チャイルド・ハロルドの巡遊』より。山の嵐を絵画的に描写している。1855年、ヴァイマル宮廷楽長時代に新たに作られたもので、曲集中でも際立って技巧的な作品である。

第6番「オーベルマンの谷」 / "Vallee d'Obermann"
タイトルはセナンクールの『オーベルマン』より。『オーベルマン』は、主人公オーベルマンから友への書簡という形式を用いて書かれており、主人公の精神の遍歴を描いている。曲においても主人公の経験が見事に表現されている。曲集中、最も演奏時間が長い(約14~15分程度)。冒頭の主題の変容から全体が構成されている。主題変容の技法は、彼の革新的な和声法とともにリスト独自の様式を形作っている。

第7番「牧歌」(エグローグ) / "Eglogue"
タイトルはバイロンの『チャイルド・ハロルドの巡遊』より。
エグローグとは田園的、牧歌的作品を指す語で、本来は対話形式の文学作品にしばしば適用されてきた。19世紀になると主にピアノ作品に用いられるようになった。初めて用いたのはトマーシェク(1774-1850、ボヘミアの作曲家)で、彼は1807年より7つのエクローグ曲集を出版している。その大半は二部形式の穏やかな曲である。
 リストの本作品はスイスの羊飼いの歌をもとにして作られている。第五番と同様新たに追加されたと考えられているが、今日では、既に1836年に作曲されていたとする説が有力である。

第8番「郷愁」 / "Le mal du pays"
タイトルはフランスの作家セナンクールの『オーベルマン』より。その中の一節で、主人公オーベルマンがパリから友人に書いた「自分の唯一の死に場所こそアルプスである」というアルプスへの郷愁を曲にしたものと言われている。極めて簡素で民族風の雰囲気のある曲である。

第9番「ジュネーヴの鐘」 / "Les cloches de Geneve"
タイトルはバイロンの『チャイルド・ハロルドの巡遊』より取られており、《旅人のアルバム》の初期稿では「私は自らのなかに生きるのではなく、私を包み込んでくれるものの一部になる」という、同じくバイロンの言葉が書かれている。この初期稿は1835年12月に生まれた、リストとマリー・ダグー伯爵夫人の子、ブランディーヌに捧げられた(ブランディーヌはリストが「ムシュ」と呼び、かわいがった娘である)。その穏やかで安らかな心情がかいま見えるような曲調となっている。
演奏のヒント 2015年12月  執筆者: 大井 和郎
9.「ジュネーヴの鐘」

 ロマン派の音楽において所謂「歌の部分」を演奏する場合の奏法を知っておくことは大変重要です。この曲に限らず、歌の部分を演奏する際、歌手が目の前で歌っている事を思い浮かべてください。西洋人は骨が太く、声量もあり、悲しみの表現も強いです。その歌手が自分の目の前にいて、奥の方でピアノが伴奏していると想像してください。そしてそのバランスを演奏に生かしてください。コツとしては、メロディーラインは太く、カンタービレではっきりと聴かせ、伴奏部分は全く音質を異らせ、静かに柔らかく演奏することが重要なバランスです。

 このタイプの、ppやdolceのマーキングが至る所にあると奏者は引きこもりがちですが、どんなにppでも、歌の部分ははっきりと聴こえなければなりません。まずこれが1つ重要課題です。以下、箇条書きにて典型的な問題点を注意します。

◉5小節目より歌が入ります。ppでdolcissimoでも歌ははっきりと、そしてその分伴奏はほぼ聴き取れないくらいのpppにします。この曲は横に流れなければならないので、その意味でも伴奏部分のバランスがカギとなります。伴奏部の8分音符が大きいと、音楽が横に流れません。
◉21小節目2拍目より入るのはレゾネンスです。pppで。以下同様です。
◉多くの奏者の問題となるのが、29小節目以降の歌の部分です。ここから歌は左手にくるため、バランスを失いがちです。右手の伴奏の音が多くても、左手をはっきり聴かせます。
◉46小節目、cantabile con motoと書いてあるだけです。ここからテンポチェンジではありません。45小節目までのテンポと同じテンポで、少し動きをつける程度で始まります。48小節目は大きく見た場合、非和声音(サスペンション)であり、49小節目にて解決されます。ゆえに、この2小節間の2度のメロディーラインは必ず、2つ目の音が1つ目よりも弱くなります。以降、至る所にこの「2度」がメロディーラインに登場します。どんなにフォルテシモであろうとも、この秩序を守ります。
◉メロディーラインの基本的なシェーピングを説明します。46-53小節間を例にとります。46小節目のFisは、次のDisに衰退します。48小節目のDisは次のCisに衰退します。50小節目のEは次のDisに衰退し、53小節目のHは次のFisで最も弱くなります。このフレーズは、46-49小節間と、50-53小節間の4小節つずつに分けることができ、前半は後半よりも大きくなるようにします。以降、このシェーピングを使うようにします。
◉そしてたとえフォルテシモになろうとも(例:108小節目以降)、基本のシェーピングを守り、「固く、乱暴」にならないようにします。
演奏のヒント 2015年12月  執筆者: 大井 和郎
8.「郷愁」

 この曲が日本人によって殆ど弾かれていない事実には驚かされます。相当マニアックな部類に入ってしまう曲なのかもしれません。しかし演奏法によっては魅力的な曲になります。この曲で難しいのは心理状態をイメージすることにあるかもしれません。表題の通り、例えば望郷(懐かしく故郷を思い出すこと)であるとします。人の頭の中は瞬間瞬間で様々な思い出を思い出します。この曲ほど多くの異なったテンポマーキングや、accel、rall、などのテンポ関係の指示が、こんな3ページほどの短い曲中に細かく指示されている曲も珍しいのではないかと思います。そのような、決して1つの思い出はなく、様々な思い出が瞬間的に人の頭に蘇ると仮定してください。

 それは運命的であったり(冒頭2小節)、悲しみを思い出したり(3-5小節間)、記憶を徐々に辿って行ったり(6-7小節間)します。それを「何の思い出」と具体的に想像する必要はありません。漠然とでも構いませんのでムードのみを察してください。そしてこれら1つ1つの思い出は、最終的に、1つの曲として成り立たなければならず、多くの曲が断片的に聴こえないようにすることがコツの1つです。奏者は細かい速度表示を守り、多くのセクションのつなぎ方に工夫をして、スムーズに曲が流れるようにしてください。

 冒頭はLentoですが、リストのLentoはメトロノームの数字ではありません。「ゆったりと」と言う意味です。リストの場合、Lentoと書いてあるからといって決して遅くしすぎないことです。1-19小節間はLentoとAndantinoが表示されていますが、決してこれにこだわる必要はありません。多くのaccelやrallを守りつつも、自然にセクションをつなげ、突然ある小節から急激に速くなったり遅くなったりすることが無いようにします。この1-19小節間で既に心理的に葛藤があります。時に圧迫し(10-13小節間)、時にふっと消えていくような(18小節目)心理描写を表現してください。

 20-27小節間、Adagio dolent(ゆっくり、悲しみを持って)の部分では、悲しみの表現が20-23小節間、過去の楽しい思い出が24-25小節間、厳しい現実が26-27小節間にあると考えます。28小節目以降は、1小節目と全く同じ素材が、異なった調で演奏されます。同じことが何度も頭に浮かぶ様子です。53小節目からはカノンになりますが、57小節目をピークポイントとして、聴いている人達を圧迫します。この曲で最もドラマティックな部分になります。テンポが多少乱れた方が、agitatoの雰囲気は出ます。

 そして再び61小節目から最後まで、同じ思い出が頭の中を巡ります。これは1つの例に過ぎませんが、目紛しく変わる思い出のイメージを持って演奏してみてください。
演奏のヒント 2015年12月  執筆者: 大井 和郎
7.「牧歌」(エグローグ)

 この曲は、テンポによって相当雰囲気が変わってきます。速度表示はAllegretto で4分の4拍子です。決して忙しい曲ではありません。たっぷり歌えるテンポに設定することをお勧めします。曲中で最も細い伴奏形の音符は3連符です。奏者は57小節目に出てくる主題を、3連符とともに演奏し、その時に「忙しく聴こえないテンポ」を冒頭のテンポと一致させれば良いでしょう。

 冒頭に書いてある、バイロンの詩は、朝の爽やかさや、気持ちよさ、雲が微笑んでいるようで、地球上に墓など存在しないみたいに、、、というような穏やかな内容です。この曲に求められるのは美しさと軽快感です。ところが仮に速いテンポ設定にしてしまった場合、例えば35小節目にフォルテで来る32分音符も、乱暴で挑発的になってしまいますし、曲中あっちこっちに書かれてある左手のアルペジオも相当速く弾かないと追いつかなくなり、速いアルペジオの速度は曲の雰囲気を大きく変えてしまいます。テンポ設定は吟味してください。

 次に問題となるのはペダリングの問題です。例えば冒頭から12小節間を見たとき、左手に10度やその他、10度の中に内声が入って和音になっている伴奏形がありますね。そして多くのアルペジオマーキングは、どうしても指でバスを伸ばしきれない状態にあることがわかります。バスを切らないタイミングでペダルを変えると、今度は濁りが生じます。それを避ける方法をお伝えします。

 2小節目から3小節目に移るところを例に取ります。コツはとても簡単で、ソプラノのメロディー音とバスを同時に弾けば解決します。ところが、左手内声のCとメロディーを一緒に弾いてしまうと、当然ですがバスはその前に打鍵されなければならず、「濁り」か「切れ」のどちらかが発生してしまいます。つまり内声のCを、1拍目の音(バスとソプラノ)が打鍵された「後に」弾けば問題は全て解決します。以下、全て同様の方法でペダルの濁りを避けます。

 36小節目、この曲に初めてフォルテが登場しますが、26小節目からsempre dolceのマーキングがあります。フォルテはフォルテでも鋭い、大きい、硬いフォルテではなく、4拍目に待っているpと交互に対話する位の穏やかなフォルテとお考えください。

 この曲は特に即興的なルバートも必要はなく、淡々と前に進んで良いと思いますが、忙しくならないように、たっぷりと歌う時間を与え、穏やかに演奏してください。
演奏のヒント 2015年11月  執筆者: 大井 和郎
4.「泉のほとりで」

 この曲の難易度はとても高いです。多くの跳躍があり、技術的に大変なあまり、重要な音楽面を損ないがちです。もっとも良くない結果としては、演奏が機械的になってしまうことにあります。最初から最後まで基本的に1つのテンポです。しかし前へ前へ進む曲ではなく、十分なルバートを用いて、優雅にゆったりと弾けることが目標になります。また、転調の際の色の変え方も重要です。

 リストはフレーズの終わりにdiminuendoマーキングを書いています。例えば、1小節目から始まって、3小節目1拍目で1つの区切りとなります。その先、4小節目の4拍目、7小節目の1拍目などが区切りです。区切りまでを1つのフレーズと考え、その間にルバートをかけます。フレーズの終わりはほんの少しだけテンポを緩ませると美しい余裕が出てきます。良くない演奏としては、その部分を暴走して先へ先へと進んでしまうことです(ただし、だからと言ってフレーズの終わりに必要以上のritなどはかけません、テンポを変えることなくほんの少しだけゆるむ感じです。これをテーパーリングと呼びます)。

 7小節目、カラーが変わります。このような部分ではソフトを踏んでも良いと思います。11-12小節間のトレモロなども2つとして同じ音量を作らず、また2つとして同じ速度にせず、12小節目2-3拍でテンポを緩ませ、フェルマータに入ります。13小節目、sempre dolce egraziosoは大事な事です。どんなに技術が困難な箇所でもこれを守ります。17-19小節間、19-20小節間再びカラーを変えて下さい。以降、転調の際にはカラーを変える事を忘れず、ルバートをかける事を忘れず、そしていつでもdolceで弾くようにします。

 41小節目からはこの曲の中で唯一音量が上がる部分です。ここからスタートしたら46小節目を目指して下さい。49-50小節間の下行はゆっくりぼやけた感じで降りてきます。マルカートにはしません。

 さてここから先は、技術的に余裕ができたらで良いのですが、この曲の特性を理解しましょう。1小節目、右手16分音符の内声をご覧ください。As Des Es G Des Es  B C Es As C Esとありますね。2拍目As Des Es G Des Es の Des とEsは保続音に過ぎません。変化しているのは、As と Gですね。同じく3拍目、CとEsが保続音ですので、B と Asが変化しています。つまりは、拍の表に非和声音が来て、裏拍に解決音が来ます。6小節目の1拍目、メロディーをご覧ください。Cis H とありますね。こちらも裏拍に解決音が来ています。このような箇所が本当にあっちこっちにあります。注意することは、これら裏拍の解決音にアクセントを付けないように注意する事です。
演奏のヒント 2015年11月  執筆者: 大井 和郎
2.「ワレンシュタットの湖で」

 この曲の技術はそれほど大変ではありませんが、強靭な左手が必要になります。もちろんフォルテを出すための強靭さではなく、pppにしても音が抜けない強靭さが必要という意味です。リストは冒頭から、pp dolcissimo と書いています。これら左手の伴奏形は全てpppで弾かなければなりません。また、表示記号はAndante ですので、ゆっくりと進みます。ヘンレー版には、5小節目より、左手の指番号が1ー1と始めるように提案されていますが、必ずしも守る必要はありません。筆者がこれを演奏する時は、1231513を使います。色々試してみて下さい。

 さてこの左手ですが、セクション毎に左手には必ず2種類の伴奏形が来ます。5-8小節間、左手はDes C B Es As Es B と C B As Es As Es As の2種類です。他のセクションでも同じです。この2つの伴奏形はDesから始まるグループが(この場合5-6小節間)、Cから始まるグループで(7-8小節間)解決すると考えるとします。その時、テンションが高いのはどちらかというとDesから始まるグループです。他のセクションでもこのペアを比較して、どちらの方がよりテンションが高く、どちらが低くという差を少しだけつけることにより、メロディーラインをサポートできます。ただし、左手は基本的にpppですし、常にdolceですので、極端な差はつけません。

 ちなみに、Des C B Es As Es B を弾くとき、最も重要な音は最初のDesです。何故ならこの音はこの和音の第7音であり(Es G B Des)、最も響かせたい音ではあるのですが、最初のDesは1拍目表拍のみにあり、必ず右手の旋律とぶつかることになっています。メロディーラインを消してしまってもまずいのですが、だからと言ってこのDesを消してしまうのもまずいです。さじ加減を考えてみてください。このDesは、次のグループのCが解決音となると考えます。

 また、別の考え方として、メロディーだけを見るという方法もあります。1つのフレーズは、5-12小節間で、この7小節間はさらに2つに分けることができます。その1つは8小節目1拍目のCで終わり、2つ目は12小節目、3拍目のAsで終わります。これら2つの音には決してアクセントをつけてはいけません。1つ目のメロディーラインで最も高い位置にあるのは、7小節目のAsですね。さてここをピークと感じるか、あるいは先ほどの和音の性格に従い、7小節目を解決和音と考え、6小節目のFをピークと感じるか、は奏者の自由です。どちらでも感じる方で演奏してみてください。

 この曲で怖いのは、バランスの問題、メロディーラインがオクターブになったとき硬くなること、左手が抜けてしまうこと、などです。そしてこの曲は途中で指示がない限りは絶対に止まったりテンポを緩めたりしてはなりません。テンポは1つで、あたかも湖畔の水面の動きが止まらないよう、常に前へ前へ進んでください。
演奏のヒント 2015年11月  執筆者: 大井 和郎
1.「ウィリアム・テルの聖堂」 
 
 リストとショパンを比べた時、その違いは無数に挙げられますが、決定的に異なる要素の1つとして、リストにはショパンにはない「威厳」があります。そしてそれは時にヒロイックであります。この曲も、そのようなヒロイック的な威厳を持って、感じて演奏します。

 ところで重要なことから順番にお話します。まず知らなければならない事はリストのテンポ表示です。この曲はLentoと書いてあるので、ゆっくり演奏する事はするのですが、問題は程度です。一人の作曲家の多くの作品を弾いていると、その作曲家の「癖」というのがわかってきます。その作曲家の「癖」を知る事は、曲の理解につながる重要な情報です。フランツリストがLentoと表示した時、鵜呑みにしてしまうと時に大変なことになります。この巡礼の年第1年に書かれてある、「オーベルマンの谷」はLento assaiという表示です。それで4分の4拍子です。これを鵜呑みして、ゆっくり演奏した時、明らかなる不条理が起こります。

 メトロノームなどに書かれてあるLentoという速度は一切無視してください。察するにリストがLentoと表示した時、急がずにゆったりと進むと解釈して良いと思います。ただし誤解しないで欲しいのは、リストがLentoと表示した時、速くということではありません。状況状況に応じて臨機応変に対応してください。中には本当にゆっくり弾かなければならないLentoもあります。

 この曲はしかしながら、あまりにもゆっくり過ぎると色々な問題が起こってきます。ピアノという楽器は、他の、音を伸ばし続けることのできる楽器や歌とは異なり、アタック音が最初に来て、あとは音が衰退するのみです。そのままの音量を伸ばし続ける事も出来ませんしビブラートもかけられません。そのような、大変非音楽的な楽器を音楽的に聴かせるためには様々な工夫が必要となります。

 仮に、この曲をものすごくゆっくり演奏したとします。例を見てみましょう。4小節目をご覧ください。1つの和音が2拍分伸びていて、3拍目に次の和音が待っています。旋律はE-Cですから、本来、シェーピングを行う時、CはEよりも理に叶うように音量を落とすと、スムーズなラインが出来上がります。詳しく説明しますと、最初のEの音量を耳で聴いて、その音量が「なくなる分量に合わせて」次の和音を弾きます。そうすることで、メロディーラインのシェーピングができるのですが、もしもこれが極端に遅いテンポだった時、1拍目で弾かれてしまったEは、長い時間をかけて次のCを待たなければなりません。そうすると、本来はそのCは、かなり弱い音で弾かないと、前の和音の余韻と合わせることができなくなります。

 それを避けて、お構いなしにCを、表示通りにフォルテシモで弾くと、2つの和音にはかなりの時間がありますので、ただ単にフォルテシモで和音を2つ弾いただけという、非音楽的な演奏になってしまいます。故に、リストのテンポマーキングには十分注意をしてください。

 もう一つの注意点は、61小節目のlargamenteです。ここも、ここからテンポチェンジではありません。60小節目にritが書いてありますが、結局 a tempoは見つかりません。ここは60小節目以前のテンポより少し落ちるくらいです。そして横に流れなければなりません。その為には、6連符はできる限り小さく弾きます。これがうるさくなってしまうと硬く聴こえます。それ以前に、音楽的に感情を理解しようとした時、それまでの興奮状態から一気に冷めてしまうのは不自然です。人間の感情とは瞬間的に冷めるものではありません。この部分はまだフォルテで、前の部分の続きです。テンポもダイナミックも変わりません。本当に冷静になるのは、75小節目です。

コンサート この曲が演奏されるコンサート

  帰国10周年記念 樋口 紀美子ピアノリサイタル
 [後援]  [ピティナ会員]
2017年10月27日 19時00分
東京/ 浜離宮朝日ホール

ミュッセアイコン 楽譜情報

 エイブルマート楽譜一覧 原曲作品 編曲作品

NMLicon NAXOS 
※ マイページへのログインが必要です
※ スマートフォン等の利用について