ホーム コンクール ステップ セミナー コンサート 指導力アップ ピアノ教室紹介 ピアノ曲事典 読み物・連載
Ravel, Maurice  :  Miroirs
ピアノ独奏曲 [pf/ 曲集・小品集

作品概要

楽章・曲名 演奏時間
1 蛾  /  "Noctuelles"  4分 30秒  -- 
2 悲しい鳥たち  /  "Oiseaux tristes"  4分 00秒  -- 
3 海原の小舟  /  "Une barque sur l'océan"  6分 30秒  -- 
4 道化師の朝の歌  /  "Alborada del gracioso"  6分 30秒  -- 
5 鐘の谷  /  "La vallée des cloches"  5分 30秒  -- 
26分 30秒
作曲年:1904-05
出版年:1906
初出版社:Demets

楽曲解説

総説 2016年12月  執筆者: 舘 亜里沙
 1904年から1905年にわたって作曲された、標題付の5曲から成る組曲。1906年に国民音楽協会の演奏会で、かねてからラヴェルと親交のあったスペイン出身のピアニストであるリカルド・ヴィニェスRicardo Viñes(1875~1943)によりサル・エラールにて初演された。
 1900年から1905年はラヴェルの作曲家としての生涯において、波乱の時期だった。彼は5回にわたって、当時のフランスの芸術家志望学生への登竜門とも言えるローマ賞に挑戦したが、いずれも大賞を逃したばかりか5回目には予選落ちしてしまった。この事態は同賞の審査の公平性について物議を醸すこととなり、パリ音楽院長のテオドール・デュボワ Théodore Dubois(1837~1924)はこれを機に辞職した。「ラヴェル事件 Affaire Ravel」と呼ばれるこのスキャンダルは、彼の作風の反アカデミックな一面を強調している。
 さてローマ賞のために書いた作品はいずれも声楽曲であったが、ラヴェルは並行してピアノ作品《水の戯れ Jeux d'eau》および《ソナチネ Sonatine》にも取り組んでいた。《鏡》は前二作に続くラヴェルのピアニズム追究が窺える作品であるとともに、彼の創作上の第一期を締めくくる作品にもなっている。《水の戯れ》と《ソナチネ》に比べて旋律線やフレーズがいっそう曖昧化するとともに、移ろいゆく和声と細かいモティーフの連なりが、あたかも息の長い旋律を形成しているかのように聴き手の耳に入る。また《鏡》で開拓された音楽語法は、1908年に書かれる《夜のガスパール》で応用されるものも多い。
 日本では「鏡」という訳で親しまれているタイトルのMiroirsという言葉の説明として、ラヴェルは『自伝的素描』(1928年に聞き取られ1938年に出版されたインタビュー記録)にてシェイクスピア『ジュリアス・シーザー Julius Caesar』第一幕のブルートゥスの台詞「目はそれ自体を見ることは出来ない、何か別のものに映っていなければ。」を引用している(この台詞は、自分の顔を見たことがあるかというカシウスの問いに対する答えとして登場する)。ラヴェル自身は自らが主観主義的な芸術スタンスとは対極である、すなわち自分が対象とする事物を客観的に捉えていることを示すために、この台詞を引用すると述べている。だが台詞の文脈から鑑みるに、各曲で描写の対象となっているものに、ラヴェル自身が投影されているとも解釈しうる。
 各曲はいずれも芸術家グループ「アパッシュ(レ・ザパッシュ) Les Apaches」の所属メンバーに献呈されている(詳細は各曲の解説を参照)。

【第1曲 〈蛾 Noctuelle〉】
 詩人のレオン=ポール・ファルグ Léon-Paul Fargue(1867~1947)に献呈。楽曲そのものもファルグの詩に触発されて書かれたものだと言われている。変二長調、A―B’―A’形式であるが、変拍子(また拍子のバリエーションにしばしば5拍子を含む)と互いに周期を異にする音型の組み合わせによって、即興的に聞こえるように書かれている。
 A部分は突如音楽の動きを留める休符を境に、9小節―11小節―16小節に分けることが出来る。冒頭の9小節では、半音階的な横の流れを持ちながらも三度や四度の重音によってぎくしゃくとした4拍子単位のモティーフと、3拍子単位で滑らかに弧を描く八分音符/十六分音符が組み合わされ、夜に羽を震わせる蛾の様相が描写されている。次の11小節間も同じような動きで始まるが、ようやく旋律線と思しきものが現れ、その次の16小節間では左手に比較的音価の長い音符が現れ、B部分へとつながってゆく。B部分は変二長調から並行調の変ロ短調へと転調し、属音であるF音と主音であるB♭音がシンコペーションで執拗に連打される。右手に主旋律と思しき非和声音を多分に含んだ長いフレーズが現れるが、やがてそれは断片化され、A部分で使われていたモティーフへと還元され、A’部分を導く。A’部分はA部分よりも短く区切りもなく、11小節間のコーダを伴って終結する。

【第2曲 〈悲しい鳥たち Oiseaux tristes〉】
 初演を務めたヴィニェス本人に献呈された、5曲の中で最も短くも、調の推移が明確に示唆された楽曲である。変ホ短調。
 楽曲を開始するB♭音の同音連打は、次の小節で明確に変ホ短調を提示する哀愁漂うモティーフに変わる。また次の小節では主音のE♭音が連打され、続いて導音であるD♮音も現れるが、このD♮音は主音に帰ることなく属音のB♭と結びついてモティーフを形成し、不穏な雰囲気を生み出す。同時に内声には冒頭で提示された4分の4拍子に抗い、3拍子単位で揺れ動く半音の音型が現れ(なお楽譜の上段が4分の4拍子なのに対し下段は8分の12拍子で開始される)、これがさらに音楽の流れを淀ませる。最上声ではB♭とE♭の同音連打が引き続き交替しているが、10小節目でE♭は異名同音のD#へと変容し、楽曲はホ長調に転調する。13小節目でそれまで八分音符単位で動いていた内声が十六分音符で倍速となり、突如音楽は爆発的に動き出す。再び20小節目で元の淀んだ流れに収束した音楽は、ホ長調に含まれているC#音を介してニ短調に転調している。25小節で再び加速するものの再び音量が大きく膨らむような展開はなく、むしろ冒頭のモティーフを高音域かつ弱音で繰り返しながら、音楽はコーダへと向かってゆく。

【第3曲 〈海原の小舟 Une barque sur l'océan〉】
 画家ポール・ソルド Paul Sordesに献呈された長大な一曲。連綿と続くアルペジオと単位を変えながら漂う八分音符が絶え間のない印象を与えるが、一方で特徴的なモティーフに着目すると、A―B―推移部―A’―B’―C―推移部―B’’―Aという自由なロンド・ソナタとも捉えられる形式になっている。
 A部分のモティーフが同一音型の繰り返しと短七和音の響きによって、柔和で静的な雰囲気を持つのに対し、B部分のモティーフは半音の響きが鋭いトレモロと短三和音で激しく上昇/下降するアルペジオによって、強く動的な雰囲気を持つ。C部分では同一音型の繰り返しの中で減音程・増音程・半音がより大胆に取り入れられ、緊張感が漂う。だがB部分が回帰すると、音楽は冒頭のA部分が生み出した柔和な雰囲気へと流れてゆき、最後は冒頭のA部分と全く同じモティーフが現れ、静かに終結する。
 なお、ラヴェルは1906年10月にこの曲の管弦楽版を書いたが、後に自らその演奏を禁じている。

【第4曲 〈道化師の朝の歌 Alborada del gracioso〉】
 音楽著述家M. D. カルヴォコレッシ Michael Dimitri Calvocoressi(1877~1944)に献呈された。全5曲の中でもやや異質で、舞曲としての性格が前面に出た楽曲である。バスク人の血を引いていたラヴェルはスペインに強い関心を持ち、オペラ《スペインの時》や管弦楽曲《スペイン狂詩曲》などこの国を意識した作品を多く残した。だが〈道化師の朝の歌〉は単なる「スペイン風」の楽曲であるだけではなく、ラヴェルの和声やリズムに対する鋭敏な感覚も窺える作品だと言える。
 楽曲全体は厳格にテンポを刻む和音に装飾的・旋律的な音型が挿入されたA部分と、逆にテンポを揺るがしながら朗々と歌われる旋律に舞曲的な断片が挿入されるB部分とが対比された、明確な三部形式となっている。楽曲冒頭はD音を基音としたフリギア旋法にF#やC#が付加されているが、F#が音階の構成音とも装飾音とも捉えられることやC#が導音としての役割を果たしていないことから、調性が曖昧になっている。ところがD→B♭→D♭と基音が移るうちに長三和音が主和音として鳴り、43小節目に入ると嬰ハ短調のⅤ→Ⅰが提示され、調性が明確になってゆく。そしてA部分はニ長調のカデンツァによって華やかに閉じられる。B部分の冒頭もその延長でニ長調の朗詠的な旋律で始まるが、和音が挿入される度にC#音の導音としての機能が弱まり(あるいはC音から#が頻繁に落ちるようになり)、音楽はB音を基音に長調と短調の間を揺れ動く妖艶な雰囲気となってゆく。その中で右手に現れ拍節間をぼかすシンコペーションのリズムと、舞踊のステップを想起させる左手の性急な動きが対比されている。A’部分ではE♭→F#と転じた基音が嬰ヘ短調のカデンツを聴き手に期待させるが、175小節目ではその期待とは裏腹にC#→B♭/A/Gという進行が見られ、音楽は調性をぼかしたまま次々と基音を転じ、200小節目以降のコーダでようやくA(Dから見た属音)→D(冒頭に同じ)へと戻る。最後はニ長調の主和音が高らかに奏でられ、楽曲は華やかに終止する。

【第5曲 〈鐘の谷 La vallée des cloches〉】
 ラヴェルの弟子で友人でもあったモーリス・ドラージュMaurice Delage(1879~1961)に捧げられた。基音となるC#≒D♭音、三度と四度を交替させる冒頭の最上声部の音型、変拍子によって即興的に聞こえる音運びは、第1曲〈蛾〉と対応しているが、三段譜を駆使することで生じる声部間の距離や完全音程の頻発による空虚な響きは、むしろ対照的な開放感を聴き手に与える。
 調によって明確なA―B―A’に区切ることが出来るが、さらにA部分をモティーフの性質で2つに分けるとa―b―c―b’―a’とシンメトリーになっている。a部分とa’部分では谷にこだまし余韻を残している鐘の音を描写したかのような、4度(a部分では途中から3度)の重音による六連符とオクターヴの跳躍がひそやかに奏でられるが、b部分とb’部分では鐘の音そのものを模倣したような、より密度を増した和音による四度下降が奏でられる。c部分はaやb部分とは異質で明瞭な旋律線を持っており、それが中声部→上声部と移ることで、鐘の響きを模倣する音の層というよりはむしろ古典的な多声音楽を想起させる。この旋律線を「鐘」そのものではなく「鐘を響かせている教会の中の音楽」と解釈するならば、この楽曲を通して作曲者の視線が「鐘のこだまする谷の全景」→「鐘を響かせる谷間の教会」→「教会の中の音楽」とクローズアップされ、また遠ざかっているとも考えることもできる。
総説 執筆者: ピティナ編集部
1.蛾 / "Noctuelles"
2.悲しい鳥たち / "Oiseaux tristes"
3.海原の小舟 / "Une barque sur l'océan"
4.道化師の朝の歌 / "Alborada del gracioso"
 5曲から成る組曲『鏡』の第4曲。ラヴェルの母の祖国スペインのリズムが多用され、スペイン風のギターの模倣もあり、タイトルもスペイン語で書かれた、スペイン風情緒に満ちた曲。変則的なエネルギッシュなリズムや連打や二重グリッサンドなどの華やかな演奏技巧が、異国情緒溢れる濃厚な表現の中で実に効果的に聴かせてくれる。
5.鐘の谷 / "La vallée des cloches"

コンサート この曲が演奏されるコンサート

  齊藤優奈・西優香子 ジョイントコンサート
 [後援]
2017年05月5日 14時00分
広島/ はつかいち文化ホール さくらぴあ 小ホール
  第7回”輝く未来”ジョイントコンサート
 [後援]
2017年05月14日 14時00分
東京/ 葛飾シンフォニーヒルズ アイリスホール
  第246回 南麻布ランチタイムコンサート
 [後援]
東京/ 南麻布セントレホール

ミュッセアイコン 楽譜情報

 エイブルマート楽譜一覧 原曲作品 編曲作品

 輸入楽譜 

NMLicon NAXOS 
※ マイページへのログインが必要です
※ スマートフォン等の利用について