ホーム コンクール ステップ セミナー コンサート 指導力アップ ピアノ教室紹介 ピアノ曲事典 読み物・連載
フィッシャー  :  音楽のアリアドネ
Fischer, Johann Caspar Ferdinand  :  Ariadone musica neo-organoedum  Op.4
ピアノ独奏曲 [pf/ 曲集・小品集

作品概要

楽章・曲名 演奏時間
1 第1番  /  No. 1 in C major  1分 20秒  -- 
2 第2番  /  No. 2 in C sharp minor  1分 30秒  -- 
3 第3番  /  No. 3 in D minor  1分 30秒  -- 
4 第4番  /  No. 4 in D major  1分 50秒  -- 
5 第5番  /  No. 5 in E flat major  1分 30秒  -- 
6 第6番  /  No. 6 in E phrygian  1分 20秒  -- 
7 第7番  /  No. 7 in E minor  1分 40秒  -- 
8 第8番  /  No. 8 in E major  1分 50秒  -- 
9 第9番  /  No. 9 in F minor  1分 40秒  -- 
10 第10番  /  No. 10. in F major  1分 20秒  -- 
11 第11番  /  No. 11. in F sharp minor  1分 20秒  -- 
12 第12番  /  No. 12. in G minor  1分 20秒  -- 
13 第13番  /  No. 13. in G major  1分 30秒  -- 
14 第14番  /  No. 14. in A flat major  1分 30秒  -- 
15 第15番  /  No. 15. in A minor  1分 30秒  -- 
16 第16番  /  No. 16. in A major  1分 40秒  -- 
17 第17番  /  No. 17. in B flat major  1分 30秒  -- 
18 第18番  /  No. 18. in B minor  2分 00秒  -- 
19 第19番  /  No. 19. in B major  1分 20秒  -- 
20 第20番  /  No. 20. in C minor  2分 00秒  -- 
出版年:1702

楽曲解説

総説 2007年5月  執筆者: 朝山 奈津子
 正確な出版年は不明だが、J.C.ヴァルターの音楽事典(1732)によれば1702年頃とされる。20の異なる長短調で書かれたプレリュードとフーガ、および5つのプロテスタント・コラールに基づくレチェルカーレから成る。プレリュードとフーガは、C-durから半音階順に上昇し、c-mollまで、b-moll, es-moll, gis-moll, Fis-dur, Cis-durを除く全調と、e-Phrygianを含む。調号は必ずしも完全ではなく、d-moll, g-moll, As-dur, c-mollにおいてはフラットがひとつ不足、e-moll, fis-moll, h-mollにおいてはシャープがひとつ余分になっている。プレリュードはもっとも短いもので7-25小節の規模であり、15小節前後のものが多い。ペダルはプレリュードでのみ要求されており、それもほとんど動きのないペダルポイントで、あまり重視されていない。
この曲集はまた、J.S.バッハに音楽的素材を提供したことでも重要である。《平均律クラヴィーア曲集》のフーガ主題には、《アリアドネ》から引用されたと思われるものがある。(《アリアドネ》第5番Fuga Es-durとバッハ《平均律クラヴィーア曲集》第I巻第16番Fuga g-moll、《アリアドネ》第8番Fuga E-dur とバッハ《平均律クラヴィーア曲集》第II巻第9番Fuga E-dur、《アリアドネ》第10 番Fuga F-durとバッハ《平均律クラヴィーア》第I巻第11番Fuga F-durなど。)

コンサート この曲が演奏されるコンサート

今後のコンサート情報は現在未登録です。

ミュッセアイコン 楽譜情報

現在楽譜情報は登録されておりません。

NMLicon NAXOS 
※ マイページへのログインが必要です
※ スマートフォン等の利用について

現在NAXOS作品が登録されておりません。

 同時期に作曲された楽曲

申し訳ございません。
この楽曲からは同時代の楽曲検索を行うことができません。