ホーム コンクール ステップ セミナー コンサート 指導力アップ ピアノ教室紹介 ピアノ曲事典 読み物・連載
ベートーヴェン  :  バガテル「エリーゼのために」  イ短調
Beethoven, Ludwig van  :  Bagatelle 'Für Elise' a-moll  WoO.59
ピアノ独奏曲 [pf/ バガテル

作品概要

演奏時間 譜例  
3分 30秒  --- 
作曲年:1810
出版年:1867
初出版社:Stuttgart

楽曲解説

総説 2015年5月  執筆者: 中塚 友理奈
 1810年に作曲され、1867年にシュトゥットガルトのL. ノールが出版した『ベートーヴェン新書簡集』の中で出版された。ベートーヴェンの周囲にエリーゼという名の女性がいないために、これまで様々な説が挙げられている。ベートーヴェンが心を寄せていたテレーゼ・マルファッティのために作曲された(「エリーゼ」は「テレーゼ」を読み間違えた)とする説がとりわけ有名だが、エリーザベト・レンケル(後にフンメルと結婚)とする説もあり、その真相は現在も不明である。
 なお、バガテルとは「小品」の意味。
楽曲分析 2015年5月  執筆者: 中塚 友理奈
 曲は8分の3拍子で、着想を探るような短2度の反復によるアウフタクトで始まる。原版では冒頭にPoco Motoと書かれているが、自筆のスケッチにはMolto graziosoと書かれていた。
 A-B-A’という三部構造を取っている。Aに当たる部分はアルペッジョに基づくイ短調の楽節a(第1~8小節)とハ長調の楽節b(第8~23小節)という2つの対照的な楽節から成っている。
 Bでは分散和音の上でハ長調の明るい旋律が奏でられる(第23~38小節)。その後、再び楽想aが悩ましげに回帰してA’に入る。
 A’では低音が連打され、ホ短調、イ短調の借用和音へ移ろう不安定な楽節d(第60~82小節)が置かれ、即興的なフィオリトゥーラ(第78~82小節)を経て、最後にもう一度楽節a(第82~104)小節が現れ曲を閉じる。104小節の中に様々な気分の対比が凝縮された作品である。
その他注記事項
ロンド形式。楽譜を発見、出版したノールが「テレーゼ」を「エリーゼ」と読み違えたという説が有力である。

コンサート この曲が演奏されるコンサート

  光が丘IMA ブランチコンサート~今IMA聞いておきたいピアノ曲~第2回 實川 風
 [後援]  [ピティナ会員]
2017年01月26日 11時30分
東京/ IMAホール

ミュッセアイコン 楽譜情報

 エイブルマート楽譜一覧 原曲作品 編曲作品

(株)全音楽譜出版社
㈱シンコーミュージックエンタテイメント
㈱シンコーミュージックエンタテイメント
(株)全音楽譜出版社
㈱シンコーミュージックエンタテイメント
(株)東音企画(バスティン)
㈱シンコーミュージックエンタテイメント
㈱オンキョウパブリッシュ
㈱シンコーミュージックエンタテイメント
㈱シンコーミュージックエンタテイメント
㈱シンコーミュージックエンタテイメント
㈱シンコーミュージックエンタテイメント
㈱シンコーミュージックエンタテイメント
㈱シンコーミュージックエンタテイメント
(株)東音企画(バスティン)
(株)東音企画(バスティン)
㈱シンコーミュージックエンタテイメント
㈱シンコーミュージックエンタテイメント
㈱シンコーミュージックエンタテイメント
㈱シンコーミュージックエンタテイメント

 ミュッセ楽譜一覧

NMLicon NAXOS 
※ マイページへのログインが必要です
※ スマートフォン等の利用について