ホーム コンクール ステップ セミナー コンサート 指導力アップ ピアノ教室紹介 ピアノ曲事典 読み物・連載
ベートーヴェン  :  ピアノ・ソナタ 第21番「ワルトシュタイン」 ハ長調
Beethoven, Ludwig van  :  Sonate für Klavier Nr.21 "Waldstein" C-Dur  Op.53
ピアノ独奏曲 [piano solo/ ソナタ

作品概要

楽章・曲名 演奏時間
1 第1楽章  /  1.Satz Allegro con brio  10分 00秒 譜例
2 第2楽章  /  2.Satz Introduzione-Adagio molto   5分 30秒 譜例
3 第3楽章  /  3.Satz Rondo-Allegretto moderato   9分 00秒 譜例
24分 30秒
作曲年:1803-04
出版年:1805
初出版社:Bureau d'art et d'industrie

楽曲解説

総説 2009年2月  執筆者: 岡田 安樹浩
1803年にパリのエラールから新しいピアノを贈られたベートーヴェンは、この楽器と格闘することになった。
それまでウィーン式アクションのピアノに親しんでいた彼にとって、目新しいイギリス式アクションのピアノは扱いづらい代物だったのだろう。傑作ぞろいのこの時期にあって、ピアノ・ソナタの創作は――――2つの傑作の存在ゆえにあまり意識されないが――――停滞している。近年では、その傑作のひとつ《ヴァルトシュタイン》が本当にエラール製ピアノだけで作曲されたのか、疑問視する声もある。
この《ヴァルトシュタイン・ソナタ》は当初、およそ8分の演奏時間を要するアンダンテ楽章を第2楽章にもっていた。しかしベートーヴェンは、これをより短い「導入 Introduzione」に置き換えた。その理由は、演奏時間の長大さに対する不満にこたえた結果だと伝えられているが、この作曲家が他者の助言に従って曲を改変したと信じることは難しい。「導入」というピアノ・ソナタでは見慣れない章題、そして当時のベートーヴェンがオペラの作曲に取り組んでいたことから、ここには劇音楽との接点が見出される。実際この楽曲全体を支配する曇りの無いハ長調は、オペラ《フィデリオ(レオノーレ)》のフィナーレの響きを思わせる。なお当初の第2楽章は、現在《アンダンテ・ファヴォリ》WoO.57という独立した作品として出版されている。

コンサート この曲が演奏されるコンサート

  (公財)青山財団助成公演 實川風ピアノ・リサイタル
 [後援]  [ピティナ会員]
2017年08月20日 14時00分
京都/ 青山音楽記念館 バロックザール
  實川 風ピアノリサイタル
 [後援]  [ピティナ会員]
2017年12月29日 19時00分
兵庫/ 兵庫県立芸術文化センター神戸女学院小ホール

ミュッセアイコン 楽譜情報

 エイブルマート楽譜一覧 原曲作品 編曲作品

 輸入楽譜 

 ミュッセ楽譜一覧

NMLicon NAXOS 
※ マイページへのログインが必要です
※ スマートフォン等の利用について