ホーム コンクール ステップ セミナー コンサート 指導力アップ ピアノ教室紹介 ピアノ曲事典 読み物・連載

冨永 愛子 / Tominaga, Aiko  [pf]

神奈川県出身。
3歳より長沢あけみ氏指導のもと木下音感教育およびピアノを始める。
9歳でかながわ音楽コンクール最優秀賞を受賞し、ソリストとして神奈川フィルハーモニー管弦楽団(故・榊原栄氏指揮)と共演。
ピティナ・ピアノコンペティション全国大会において96年B級ベスト賞、97年C級ベスト賞、99年D級銀賞、05年G級銀賞、併せて王子賞、洗足学園前田賞、J.ルヴィエ特別賞受賞。
大学在学中の2008年第6回東京音楽コンクールピアノ部門で優勝。そのファイナルでは、渡邊一正氏指揮、日本フィルハーモニー交響楽団とラフマニノフ:ピアノ協奏曲第1番を協演した。各誌上で「楽器の(響き)のツボを見事に捉えた音には意志があり、スケールの大きな音楽観と歌心。繊細で詩的な表現のテクニック等々、冨永の可能性は無尽蔵」「その演奏は癒し系どころか物凄いマグマを秘めたものだった。
 続きを表示する
コンサート情報 今後のコンサート情報一覧
今後のコンサート情報は未登録です。
コンサート情報 過去のコンサート情報一覧