ショパン/プレリュード 嬰ハ短調 Op.45 演奏:宮谷理香

文字サイズ: |
2013/11/01

ショパンには、《24曲のプレリュード》とは別に単独のプレリュードが2曲ある。そのうちのひとつ。  ノクターン風の性格をもち、つぎつぎと巧みに転調してゆくあたりに、強い即興性が表れている。ゆったりとした簡素な旋律であるが、転調が鮮やかな彩りを与えている。ショパンは「かつて転調がこれほどうまくいったことはない」とこの曲について語ったという。《解説を読む》

コンサート情報

◆11月7日(木) 南麻布セントレホール 第79回ランチタイムコンサート 宮谷理香(Ustream配信予定)
◆12月4日(水) CDリリース記念 宮谷理香ピアノ・リサイタルImpromptus「彩」 ~Rika Plays Fantaisie III 

CD情報

◆Impromptus「彩」 ~Rika Plays Fantaisie III
   "Fantaisie "シリーズ第3弾CD 11月22日発売
  収録曲:
  シューベルト/リスト編曲:「聞け、聞け、ひばり」によるセレナーデ
  シューベルト:即興曲 Op.90 D.899
  シューベルト:即興曲Op.142 D.935
  シューベルト/リスト編曲:ます

  お問合せ:03-3235-3777 コンサートイマジン

演奏

ピアノ:宮谷理香
金沢出身。桐朋学園大学卒業、同研究科修了。95年ショパン国際ピアノコンクール第5位。第23回日本ショパン協会賞受賞。05年、10年日本ショパン協会主催ショパンコンクール審査員。書籍と、CDを発表。ショパン名曲集CD「SCHERZO」(09年)、「SONATA」(10年)、新譜「Brin 芽」(11年)、「Rain Tree樹」(12年)、Duo Grace(高橋多佳子とのデュオ)のデビューCD「GRACE」(11年)はいずれもレコード芸術誌特選盤。リサイタル、レクチャーコンサート、室内楽、学校公演など幅広く充実した音楽活動を展開し、常に新しい企画を発信し続けている。知的な構成力と色彩感豊かな演奏には定評があり、更なる活動が注目されている。
HP http://www.miyatani.jp/rika/ 
ブログhttp://rikamiyatani.blog.fc2.com/


【GoogleAdsense】
ホーム > ピアノ曲事典 > ニュース > 今週の1曲> ショパン/プレリュー...