吉松 隆/プレイアデス舞曲集より 「夕暮れのアラベスク」 ピアノ:樋口あゆ子

文字サイズ: |
2013/07/05

音源情報

◆2012年11月18日樋口あゆ子 公開録音コンサートの音源より

コンサート情報

◆8月9日(金)19:00 樋口あゆ子平和祈念10周年記念ピアノリサイタル

演奏

樋口あゆ子
5歳よりピアノを初める。9歳の時関西フィルハーモニー管弦楽団とハイドンピアノ協奏曲二長調を共演。横井和子氏に師事。
85年毎日新聞社主催第39回全日本学生音楽コンクールピアノ部門中学生の部全国第1位。
翌年、桐朋女子高等学校音楽科ピアノ専攻入学。林秀光氏、竹内啓子氏に師事。
同大学演奏学科ピアノ専攻卒業を経て95年同大学研究科終了。
学外にて中村紘子氏、ガーネヴィ夫妻に師事。
在学中の94年同大学協奏曲ソリストオーディション合格。
又、93年8月第17回全日本ピアノ指導者協会主催ピティナピアノコンペティション特級ソロ部門金賞、文部大臣賞受賞。
同年10月第10回ポルトガル・ポルト市国際音楽コンクール第1位大賞受賞。
この受賞により93年10月ポルトガル・ポルト市リボリホールにてブルガリアのカーメン・ゴレミノフ指揮ポルト交響楽団とショパンピアノ協奏曲第1番共演を皮切りに94年同フィルとイスラエルのオムリ・ハダミ指揮ベートーベンピアノ協奏曲第5番「皇帝」を共演。
ポルトガル、スペイン、ポーランド、フランスでオーケストラの共演、リサイタルツアーを行い、ヨーロッパ楽壇にデビュー。
日本楽壇デビューは95年1月 第31回ソニーミュージックファンデーション主催「今日の演奏」デビューリサイタルシリーズの東京文化会館小ホール、大阪いずみホールにて行う。
同年10月明治安田生命文化財団の奨学生として渡仏。
その後、学識研鑽期間としてコンサート活動を4年間中止し、パリ・エコールノルマル音楽院研究科に入学。 故ジェルメーヌ・ム二エ氏に師事。
97年3月飛び級にて同音学院演奏家課程審査員満場一致で卒業。
帰国後、99年秋より東京紀尾井ホールを始めとする本格的な全国でのリサイタル、国内オーケストラとの共演、室内楽を行う。
又、NHKを始めとする民法TV.、ラジオ、インターネットの音楽番組への出演で音楽活動を再開。
近年では05年12月コロムビアDENONよりCDアルバムショパン&リストピアノ名曲集を日本全国及びニューヨークでも発売。
06年2月米国NYカーネギーホールワイルリサイタルデビューを行い同年8月日越政府共催JAPAN FESTIVALにて ベトナム・ハノイ・オペラハウスでリサイタル開催。
教職としては、03年秋より、日本国内の音楽コンクール、オーディションの審査と後進の指導、 都道府県ホール主催のピアノ公開レッスンを行っている。
又、04年7月より年1回、べトナム・ハノイにてアジアの学生の音楽療法指導をベトナム日本商工会主催、在日本大使館後援で行っている。
08年浩宮徳仁皇太子殿下御臨席日越国交35周年記念国家プロジェクトVIETNAM FESTIVALでは日本を代表するクラシックピア二ストとしてピアノリサイタルを開催した。


【GoogleAdsense】
ホーム > ピアノ曲事典 > ニュース > 今週の1曲> 吉松 隆/プレイアデ...