スクリャービン/ピアノ・ソナタ 第3番より ピアノ:内匠慧(2011年特級銀賞)

文字サイズ: |
2013/05/17

この作品は、スクリャービンにとって2度目の演奏旅行となる旅先のパリで、1897年に作曲が始められた。モスクワ音楽院出身のピアニスト、ヴェーラと婚約した頃であった。しかし、彼の家族や支援者にこの結婚は反対され、スクリャービンの失意が表れている、といわれている。 緩、急、緩、急の4楽章形式。緊張感のある第1楽章の主題は第4楽章の激しい終結部で再度登場する。また、第3楽章は「星が歌う」とも言われた美しい旋律。


音源情報

◆2012年2月 第35回ピティナ・ピアノコンペティション 王子ホール賞受賞披露演奏会の音源より

コンサート情報

◆5月28日(火) ショパン・フェスティバル2013in表参道 内匠 慧ピアノリサイタル ~インティメット・ショパン~ →チケット販売中

演奏

内匠 慧
1992年愛知県春日井市生まれ。愛知県立旭丘高等学校卒業後、東京藝術大学器楽科に進学、1年在学中。3歳よりヤマハ音楽教室(日響楽器)にてピアノを習い始め、ジュニア専門コース、同上級科、演奏研究コースを経て、2007年よりヤマハマスタークラス特別コースに在籍。これまでに、ヴェラ・ゴルノスタエヴァ、遠藤誠津子、後藤康孝、鈴木弘尚、吉永哲道、東誠三の各氏に師事。2006年8月ピティナ・ピアノコンペティション全国決勝大会F級銀賞併せて聖徳学園川並賞受賞。2006年12月日本クラシック音楽コンクールピアノ部門中学生の部全国大会第2位(最高位)。2008年7月ウィーンにてヤマハマスタークラスコンサートに出演。2008年11月第62回全日本学生音楽コンクールピアノ部門高校生の部全国大会第1位併せて野村賞、井口愛子賞、日本放送協会賞受賞。 2009年1月第10回ショパン国際ピアノコンクールin ASIAコンチェルトC部門アジア大会銀賞。2010年6月ヤマハ・ガラ・コンサート(オーチャードホール)に出演。新日本フィルハーモニー交響楽団、広上淳一氏とリストピアノ協奏曲第1番を共演。
2012年第8回浜松国際ピアノコンクール 第6位入賞


【GoogleAdsense】
ホーム > ピアノ曲事典 > ニュース > 今週の1曲> スクリャービン/ピア...