ピアノで拡げる子どもの可能性~ピティナ会員の新刊で共有するノウハウ~

文字サイズ: |
2013/02/08
ピアノで拡げる子どもの可能性 ~ピティナ会員の新刊で共有するノウハウ~

 ピアノ指導者がレッスンで子どもと接する時、親が子どもと接する時、子どもに対する、ちょっとしたアプローチの違いや工夫が、子どもの可能性をより大きく伸ばすことに繋がります。この度、ピアノ指導者として長年第一線でご活躍の渡部由記子先生、根津栄子先生が、それぞれのノウハウで子どもの可能性を最大限に引き伸ばすことのできる、教材を出版されました。本を手にとってみて、いつも接する生徒さんやお子さんと一緒に、いつもと少し違ったアプローチから、子どもの「無限の可能性探し」をしてみてはいかがでしょうか。

新刊発売記念 特別プレゼント! 新刊発売記念特別プレゼント!
渡部由記子先生著『魔法のピアノレッスン』
(ヤマハミュージックメディア)4冊セット
5名様に、
根津栄子先生著『こどものスケール・アルペジオ』(音楽之友社)
『チェルニー30番 30の小さな物語・上巻』(東音企画)
2冊セット
10名様にプレゼントいたします。
(協力:株式会社ヤマハミュージックメディア・株式会社音楽之友社・株式会社東音企画)
※プレゼントの発送は2月下旬を予定しています。
※応募は終了いたしました。
-----
渡部由記子先生(わたなべ ゆきこ) 渡部由記子先生(わたなべ ゆきこ)

9才よりピアノを始める。田村宏、田辺緑、谷康子の諸氏に師事。1972年、東京芸術大学ピアノ科を卒業。1989年から2012年まで延べ284名の生徒がピティナ・ピアノコンペティション全国決勝大会へ出場し、そのうち175名(全体の6割)が受賞している(金賞27名、銀賞29名、銅賞33名、他の賞86名)。自身もコンペティション指導者賞を24年連続受賞。他に、特別指導者賞を6回受賞、トヨタ指導者賞2回、優秀指導者賞受賞。全国各地でレッスン、講座を開催。全日本ピアノ指導者協会評議員、全国決勝大会審査員、指導者育成委員、ステップ担当者連絡会委員。ショパン国際ピアノコンクールinASIA、日本クラシック音楽協会、グレンツェンピアノコンクール、千葉ピアノコンクール、アールンピアノコンクールの審査員も務める。元洗足学園大学ピアノ科助教授。日比谷ゆめステーション代表。ホームページ

<渡部先生の新刊(2013年2月発売)>
-----
根津栄子先生 (ねづ えいこ)
根津栄子先生 (ねづ えいこ)

 武蔵野音楽大学ピアノ科卒業。指導のモットーは『少人数の生徒を大切に確実に上達させる』。門下生は様々なコンクールで優秀な成績を修めている。これまでピティナ特別指導者賞、優秀指導者賞、カワイ音楽コンクール最優秀指導者賞、ショパン国際コンクールinASIA指導者賞を受賞。全日本ピアノ指導者協会正会員、指導者育成委員、市川フレンド・ステーション代表、ちば・市川バスティン研究会代表。 ピティナピアノコンペティション、ショパン国際コンクールinASIA、日本クラシックコンクール、千葉ピアノコンクール等の審査員を務める。全国各地での指導法講座や、公開レッスン、執筆でも活躍中。小さなピアニストのための必須アイテム、フィットペダル&ボード考案。ホームページ

<根津先生の新刊>
チェルニー30番 30の小さな物語・上巻 (2013年3月発売)
発行:株式会社東音企画
※2月28日バスティンフォーラム会場にて先行特別販売
▲ページTOP

【GoogleAdsense】
ホーム > ピアノ曲事典 > ニュース > > ピアノで拡げる子ども...