ドビュッシー/喜びの島 ピアノ:渡辺友理

文字サイズ: |
2012/07/06

この曲はワトーの名画『シテール島への乗船』から着想されたという説があるが、定かではない。しかし愛の女神ヴィーナスの島シテール島へ恋人達が船出するという情景が、この曲にあふれる官能的な喜びとオーバーラップするのは確かであろう。  ドビュッシーには珍しくヴィルトゥオーゾ的な演奏技巧が要求され、大胆な表現力と鮮やかな色彩感に満ち溢れた傑作である。<続きを読む>

コンサート情報

2012年8月4日(土) 14:00 八王子市南大沢文化会館 主ホール
渡辺友理 ピアノリサイタル (チケット販売中)

演奏

ピアノ:渡辺友理

5歳より母親である渡辺美恵のもとでピアノを始める。高校2年の夏に文部科学省認定高等学校卒業課程試験(旧大検)に合格、イタリアに単身留学。現在、イタリアの名門イモラ音楽院及び世界最古のボローニャ大学(外国言語・文学学部)在学中。ピアノをレオニード・マルガリウス、ボリス・ペトルシャンスキー、アルベルト・ノゼ氏に師事。

2005年 イモラ音楽院に奨学金を得て日本人最年少で入学。
2006年 第15回ディーノ・オリゾンティコンクールにて第1位。ボローニャ大学に入学。
2010年 第17回G・ロスピリオージコンクール第1位。第8回チッタ・ディ・リチョーネコンクールにて史上最高得点で第1位。第16回ショパン国際ピアノコンクール、ディプロマ受賞。審査員マルタ・アルゲリッチから高い評価を受ける。

日本、イタリア、ドイツ、オーストリア、スイス、ポーランドの各地で数多くのリサイタルや室内楽、招待コンサートなど、幅広く活動している。


【GoogleAdsense】
ホーム > ピアノ曲事典 > ニュース > 今週の1曲> ドビュッシー/喜びの...