ラヴェル/夜のガスパールより 「スカルボ」 ピアノ:阪田知樹(2011特級グランプリ)

文字サイズ: |
2012/02/03

「夜のガスパール」というタイトルは、ボードレールにも影響を与えたという夭折した無名の詩人アロイジュス・ベルトラン(1807?1841)の64篇から成る散文詩集のタイトルである。ラヴェルはこの中から幻想的で怪奇性の強い3篇を選び、そのイメージに大変な技巧を織り交ぜながら情熱的なピアノ曲に仕上げた。<続きを読む>

音源情報

2011年ピティナ・ピアノコンペティション全国決勝大会の音源より

コンサート情報

2012年2月11日 王子ホール賞受賞披露演奏会 (王子ホール) 
2012年3月20日 第35回ピティナピアノコンペティション入賞者記念コンサート (第一生命ホール) 
2012年6月24日 第26回公開録音コンサート (東音ホール)

演奏

ピアノ:阪田知樹(2011年特級グランプリ)

1993年生まれ。第61回全日本学生音楽コンクール全国大会中学校の部第2位。第9回ショパン国際ピアノコンクールin ASIA 中学生部門銀賞。第32回ピティナ・ピアノコンペティションG級銀賞、併せて王子賞、洗足学園前田賞受賞。第12回長江杯国際音楽コンクールピアノ部門高校の部第1位。2009アジア国際コンクールピアノ部門高校生部門第1位最優秀賞受賞。第4回福田靖子賞選考会第1位福田靖子賞受賞。第9回フランツ・リスト国際ピアノコンクールセミファイナリスト。2011年、第35回ピティナ・ピアノコンペティション特級グランプリ、併せて王子ホール賞、文部科学大臣賞、読売新聞社賞、東京シティ・フィル賞、聴衆賞を受賞。
 パウル・バドゥラ=スコダ氏推薦により「ウィーン・マイスタークルゼ」受講。タマーシュ・ヴァーシャリ氏推薦により「プラハ・ミュージック・パフォーマンス」に参加、イヴァン・モラヴェッツ賞受賞。ニコライ・ペトロフ氏招待による第12回クレムリン音楽祭他、オーストリア、フランス、オランダ、チェコ、東京、大阪等、国内外において演奏会出演。読売日響ソロ・コンサートマスター藤原浜雄、元N響首席チェリスト堀了介の両氏とピアノ三重奏を共演。
 現在、西川秀人、パウル・バドゥラ=スコダの両氏に師事。東京芸術大学音楽学部附属音楽高等学校3年在学中。2011年度ヤマハ音楽奨学生。


【GoogleAdsense】
ホーム > ピアノ曲事典 > ニュース > 今週の1曲> ラヴェル/夜のガスパ...