リスト/巡礼の年報 第2年への追加「ヴェネツィアとナポリ」より 「タランテッラ」 ピアノ:リード希亜奈(G級銀賞)

文字サイズ: |
2012/01/27

《巡礼の年報 第2年への追加ヴェネツィアとナポリ》は、先の《巡礼の年報 第2年イタリア》と同時期の1837年から39年に作曲が開始されたとされる。リストがヴェネツィアとナポリで耳にしたと思われる旋律からインスピレーションを受けていると考えられている。1840年の段階では4曲の構成であった(なお、この初稿の第1曲目には、交響詩《タッソ》と同じ主題が使われていた。初稿の1曲目、2曲目は使われず、3曲目と4曲目が現在の「ゴンドラを漕ぐ女」と「タランテッラ」に改作されている)。<続きを読む>

音源情報

2011年ピティナ・ピアノコンペティション全国決勝大会の音源より

コンサート情報

2012年2月11日 王子ホール賞受賞披露演奏会 (王子ホール) 

演奏

ピアノ:リード希亜奈(2011年G級銀賞)

1995年生まれ。滋賀県野洲市出身。6歳よりピアノを始める。2003年、滋賀県ピアノコンクール低学年の部第1位、知事賞。ピティナ・ピアノコンペティションB級ベスト賞。2005年、滋賀県ピアノコンクール高学年の部第1位、知事賞。ピティナ・ピアノコンペティションC級金賞。2006年、ピティナ・ピアノコンペティションデュオ部門連弾初級B奨励賞。第60回全日本学生音楽コンクール小学校の部大阪大会第1位。2007年、ピティナ・ピアノコンペティションE級ベスト賞。2009年、ショパン国際ピアノコンクール・イン・アジア アジア大会努力賞。2010年、第64回全日本学生音楽コンクール高校の部大阪大会第1位。2011年、ピティナ・ピアノコンペティションG級銀賞、王子ホール賞、洗足学園前田賞。
 これまでに汐巻公子、甲斐環各氏に、現在、有森博、野山真希、岡原慎也各氏に師事。東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校2年に在学中。


【GoogleAdsense】
ホーム > ピアノ曲事典 > ニュース > 今週の1曲> リスト/巡礼の年報 ...