モーツァルト/ピアノ協奏曲第25番 ハ長調 第1楽章 ピアノ:ヴァディム・ホロデンコ

文字サイズ: |
2011/05/20

1784年から86年の間に集中的に作曲されたピアノ協奏曲もこの作品で一段落する(次のピアノ協奏曲は約1年3ヶ月後)。モーツァルトの自作品目録によれば、第25番の完成は1786年12 月4日となっている。翌日に企画されていた待降節の予約演奏会のための作品であったと思われる。
 冒頭のファンファーレが華々しい展開を予感させるが、全体的にはむしろ洗練され充実した内容に注目させる作品である。とはいえ、特に両端楽章のピアノの目まぐるしく動き回るパッセージは当時の観客から喝采を浴びたことだろう。第1楽章のモーツァルト自身によるカデンツァは残されていない。(続きを読む)

コンサート情報

第4回仙台国際音楽コンクール優勝記念演奏会 ヴァディム・ホロデンコ ピアノリサイタル
2011年6月2日(木) 浜離宮朝日ホール

音源情報

CD:ヴァディム・ホロデンコ 第4回仙台国際音楽コンクール ライブ録音より

演奏

ピアノ:ヴァディム・ホロデンコ

1986年ウクライナのキエフ生まれ。1994年からキエフのM.ルイセンコ記念キエフ音楽中等学校でグルイドネワ、フョードロフに、2005年からはモスクワ音楽院でゴルノスタエワに師事。 これまでに、マリア・カラス グランプリ 第1位(2004年)、ジーナ・バッカウアー国際ピアノコンクール第3位(2006年)等を受賞。2010年には第4回仙台国際音楽コンクールにおいて第1位を受賞した。
ウクライナ、ロシア、ヨーロッパ各地、米国、中国、日本などでリサイタルやオーケストラとの共演を行っており、これまでに、バシュメット、スピヴァコフ等、多くの指揮者と共演している。
室内楽活動も積極的に行っており、2010年にはピアノデュオのCDがリリースされている。また、第3回仙台国際音楽コンクールヴァイオリン部門第1位のアリョーナ・バーエワとの共演も多く、日本で録音したCDがsimcレーベルからリリースされている。

 

【GoogleAdsense】
ホーム > ピアノ曲事典 > ニュース > 今週の1曲> モーツァルト/ピアノ...