ショパン/エチュード Op.10-1 ピアノ:水本明莉

文字サイズ: |
2011/01/14

ショパンの2つの《練習曲集》全24曲の起源は、2つある。  ひとつは、バッハ《平均律クラヴィーア曲集》、すなわち24の調によるプレリュードとフーガである。もちろんこうした曲集の編み方自体はバッハの発明ではないが、音楽のあらゆる技法や形式の見本として、学習者のための規範として《平均律》こそが金字塔を打ち立てた。そして、ショパン以前には既に、クレメンティ、カルクブレンナーなど、ショパン以後にはリスト、バルトーク、ラフマニノフ、ピアノ以外にもパガニーニなど、実に多くの作曲家がバッハへのオマージュを込めて《練習曲集》を世に送り出している。続き

コンサート情報

王子ホール賞受賞披露演奏会
2011年2月11日(金・祝) 王子ホール(銀座)
第34回ピティナ・ピアノコンペティション入賞者記念コンサート
2011年3月21日(月・祝) 第一生命ホール(勝どき)

演奏

ピアノ:水本明莉(2010年度G級銀賞)

1993年生まれ。ヤマハジュニア専門コース上級科、同演奏研究コース修了。2003-2010年、ピティナ・ピアノコンペティション全国決勝大会において、B級銀賞、C級入選、E級金賞、F級ベスト賞、Jr.G級銀賞、G級銀賞を受賞。2004年、エトリンゲン青少年国際ピアノコンクールAカテゴリー特別賞。2007・2009年、全日本学生音楽コンクール中学校の部、高校の部全国大会入選。2006年・2010年、堺国際ピアノコンクール中学校の部・高校の部第1位。2008?2009年、浜松国際ピアノアカデミー受講。2007年に大阪チェンバーオーケストラ、2008年にブラジルにてリベイランプレート交響楽団と共演。これまでに、ピアノを永島香氏、クラウディオ・ソアレス氏、武田真理氏に、作曲を大久保みどり氏に師事。2009年度より(財)ヤマハ音楽振興会音楽支援奨学生。四天王寺高校2年生。

 

【GoogleAdsense】
ホーム > ピアノ曲事典 > ニュース > 今週の1曲> ショパン/エチュード...