今週の一曲:ショパン/序奏と華麗なポロネーズ pf:西畑久美子、vc:迫本章子

文字サイズ: |
2010/09/17

 年若いショパンによって作曲されたチェロとピアノによる作品。作曲家自身によって「サロン的」と評されており、タイトル通り、技巧的で華麗なパッセージによる掛け合いが楽しめる爽やかな作品。

コンサート情報

ロマンチックチェロ
- ショパンとシューマン生誕200年記念 -
迫本章子 と 西畑久美子 ジョイントリサイタル
プログラム:
ショパン作曲
 チェロソナタ、序奏と華麗なポロネーズ作品3、舟歌
  シューマン作曲
 アダージョとアレグロ、 幻想小曲集  作品12 より
 他 
 お問い合わせ: TEL/FAX 045(912)6003 迫本 (ピアノ)

ピアノ:西畑 久美子

 桐朋学園大学音楽学部演奏学科ピアノ科卒業。 軽井沢ウッドストック園田高弘マスタークラス修了。1980年在学中に神奈川県立音楽堂「推薦音楽会」に推薦されたのを機に、ソロ、室内楽、伴奏等活動を始める。
これまでに、「横浜市市民広間演奏会」に毎年出演するほか、「市民コンサート」「大倉山水曜コンサート」「都筑コンサート」横浜音楽文化協会主催「ワーグナー祭」「マリンコンサート」「ランドマーク水曜コンサート」等多数出演、1982年より定期的に8回の自主リサイタルを開催、研鑚を積み、最近はピティナ指導法研究委員に推薦され、審査員としても活躍している。
現在、昭和音楽大学講師、日本演奏連盟会員、社団法人全日本ピアノ指導者協会正会員&指導法研究委員、二期会ドイツ歌曲会員、二期会フランス歌曲伴奏員、横浜音楽文化協会会員、横浜市市民広間演奏会会員、演奏表現学会会員。

チェロ:迫本章子

 桐朋学園大学音楽学部卒業。同大学研究科修了。
横浜市新人演奏会、神奈川県立音楽堂推薦音楽会等に出演。大倉山水曜コンサートにリサイタル、室内楽で度々出演。ニース夏期国際音楽セミナー、アフィニス夏の音楽祭等で研鑽を積む。みなとみらいホール主催『昼どきクラシック』公演において神奈川フィルハーモニー管弦楽団とチャイコフスキー作曲「ロココの主題による変奏曲」を共演。
これまでにチェロを津田朝子、井上頼豊、倉田澄子の各氏に師事。神奈川フィルハーモニー管弦楽団チェロ奏者。尚美学園オーケストラ指導講師。現在、オーケストラの他、ソロ・室内楽で演奏活動をおこなう。

 


【GoogleAdsense】
ホーム > ピアノ曲事典 > ニュース > 今週の1曲> 今週の一曲:ショパン...