メンデルスゾーン/ピアノと弦楽のためのレチタティーヴォ pf:小倉貴久子

文字サイズ: |
2010/06/11

メンデルスゾーン11歳時の作。演奏時間わずか2分半の小品ながら、重厚で堅実な作品。作曲技法、音楽内容ともに十分な成熟ぶりがうかがえる。

音源情報

この音源は、ALMレコードのご厚意により、6月発売予定のCD「若きメンデルスゾーン、ニ短調の魅力」から1トラックをご提供いただいたものです。

演奏:小倉貴久子

東京芸術大学を経て同大学大学院ピアノ科修了。アムステルダム音楽院を、特別栄誉賞"Cum Laude"を得て首席卒業。1988年、第3回日本モーツァルト音楽コンクール、ピアノ部門で第1位を受賞。1993年、ブルージュ国際古楽コンクール、アンサンブル部門で第1位を受賞。1995年には同コンクール、フォルテピアノ部門で9年ぶり史上3人目の第1位と聴衆賞を受賞し話題を呼んだ。帰国後は、各回ごとにテーマを定めた室内楽演奏会『音楽の玉手箱』や『ベートーヴェンをめぐる女性たち』、『モーツァルトの生きた時代』などのユニークなコンサートシリーズを展開する一方、ソロ、室内楽、協奏曲などバロックから近現代まで幅広いレパートリーで活躍。また各ホール主催演奏会や音楽祭、ラジオ、TVの出演や録音も多い。これまでにCDを20点以上リリース。浜松市楽器博物館コレクションシリーズ15 CD『月光/春』は朝日新聞、毎日新聞、音楽現代推薦盤に選ばれ、他コレクションシリーズも、注目を集めている。『月光?幻想曲風ソナタ/クラヴィーア作品集』、『コジェルフ クラヴィーア作品集』『ソナチネ・アルバム』『麗しきメンデルスゾーン?歌の翼に?』『ジュスティーニ/12のソナタ集』及び『夢?トロイメライ?』は「レコード芸術」誌の特選盤となった。DVD『楽器の世界コレクション2ープレイエルのピアノー室内楽で聴くショパンが愛した音の世界』(デジタルセンセーション株式会社)。著書にカラー図解『ピアノの歴史(CD付き)』(河出書房新社)。校訂楽譜に『ジュスティーニ:12のソナタ集 第1、2巻』(カワイ出版)。東京芸術大学古楽科にてフォルテピアノの非常勤講師を勤めている。

 

【GoogleAdsense】
ホーム > ピアノ曲事典 > ニュース > 今週の1曲> メンデルスゾーン/ピ...