リチャード・クレイダーマン:渚のアデリーヌ

文字サイズ: |
2009/04/10

♪楽曲を再生
MP3 (2m37s)

リチャード・クレイダーマンは1970年代にレコードデビューし、「シンプルな美しさ」を旨としてイージーリスニングの分野で活躍。世界中で人気を集めている。「渚のアデリーヌ」はそのデビュー曲であり、日本においても大ヒットした。大変シンプルな楽想で、誰でも覚え易いメロディだが、クレイダーマンの演奏には豊かな歌心と細やかな配慮がみられる。確かな技術と音楽性を感じることができるだろう。

※リチャード・クレイダーマン2009
with ストリングス・トリオ & パーカッション
2009/05/08(金) 18:30 会場:ハーモニーホール座間
2009/05/09(土) 13:00 / 17:00 会場:Bunkamuraオーチャードホール
2009/05/12(火) 18:30 会場:杉並公会堂
2009/05/17(日) 15:00 会場:いわき芸術文化交流館アリオス
2009/05/23(土) 14:00 会場:サンシティ越谷 大ホール

予約・問い合わせ:
サンライズプロモーション東京 03-3403-0155
キョードー東北 022-296-8888(17日いわき公演に関してはこちら)

演奏:リチャード・クレイダーマン

1953年にフランスのパリで生まれる。パリ音楽院ピアノ科を卒業後、スタジオ・ミュージシャンとして活動していたが、オリビエ・トゥッサンにオーディションで発掘され、ポピュラー・ピアニストとしてデビュー。
77年にファースト『渚のアデリーヌ』が大ヒットし、以来、誰もが親しめる心地よいピアノを追求し次々に作品を発表。
'ピアノの貴公子'と呼ばれ、イージー・リスニング界の大スターとなった。20年以上も毎年、来日公演を続けている親日家でもある。

バックナンバーは随時更新中です。しばらくお待ち下さい。

【GoogleAdsense】
ホーム > ピアノ曲事典 > ニュース > 今週の1曲> リチャード・クレイダ...