ラフマニノフ : エチュード「音の絵」op.33-3 演奏: 水谷桃子

文字サイズ: |
2009/02/06

 現在作品33に含まれる8曲は1911年に作曲されたが、1914年の初版時には、6曲しか含まれていなかった。この第3番はラフマニノフの死後、1947年の版で、第6番とともに曲集に復した。短調・グラーヴェの重苦しい曲調は、中盤から長調に転じ、伸びやかな美しい旋律を得て鮮やかな対比を成す。(⇒ピアノ曲事典

演奏:水谷桃子(みずたに ももこ)

佐藤圭奈 2004年 ピティナ・ピアノコンペティションE級金賞、併せて讀賣新聞社賞・聖徳大学川並賞受賞 2006年 浜松国際ピアノアカデミーコンクール第4位 2006年 ピティナ・ピアノコンペティションG級銀賞、併せて王子賞・洗足学園前田賞受賞 2007年 第5回東京音楽コンクール第2位 2008年 第32回ピティナ・ピアノコンペティション特級準金賞 現在、神戸海星女子学院高校2年に在学。クラウディオ・ソアレス、横山幸雄、清水和音の各氏に師事。(2008年8月現在)(2008年8月現在)

※水谷桃子さんは2009年2月11日の王子賞受賞披露演奏会に出場します

バックナンバーは随時更新中です。しばらくお待ち下さい。

【GoogleAdsense】
ホーム > ピアノ曲事典 > ニュース > 今週の1曲> ラフマニノフ : エ...