ホーム コンクール ステップ セミナー コンサート 指導力アップ ピアノ教室紹介 ピアノ曲事典 読み物・連載

【ウィーン時代のハイドンの家】
掲載日:2013年3月28日

今日はヴィーンにあるハイドン・ハウスをご紹介します。

人が溢れるヴィーンのショッピングストリート、マリアヒルファーシュトラーセから小道へ入ると、ハイドンの住居があります。ここは今でこそ繁華街として栄える地域ですが、ハイドンの生前はまだヴィーンのVorstadt、つまり「郊外」に当たりました。
しかし郊外にあったにも拘らず、多くの音楽家や貴族がパパ・ハイドンを訪ねてこの住居に足を運びました。ベートーヴェン、フンメル、クラーマー、などなど、その面々はハイドン・ハウスの展示室に名前と複製肖像画が連ねられています。

そしてハイドンの後世の作曲家も、のちのちある特別な意味で、この住居へやって来ています。それはブラームス。彼のヴィーンの住居は、残念ながら現存していません。そこでブラームスの住居にあった家具が、彼の尊敬していたパパ・ハイドンの住居に展示されることになりました。つまりブラームスの遺品が今日、ハイドン・ハウスを間借りしている、と言ったところです。(丸山)

 次の記事へ
【「ムツィオ・クレメンテイ」第2回~勤勉な学習時代と上流社会での生活】
掲載日:
 前の記事へ
【第5章:ムツィオ・クレメンティ】
掲載日: