ホーム コンクール ステップ セミナー コンサート 指導力アップ ピアノ教室紹介 ピアノ曲事典 読み物・連載
ヴォルフ, エドゥアール  Wolff, Édouard   ポーランド ]  1816 - 1880

作曲家解説

執筆者: 金澤 攝
ショパンと同じようにポーランド出身でワルシャワでヨゼフ・エルスナー、ヴィーシでウェンツェル・ヴェルフェルに学び、パリへ移住したピアニスト・コンポーザーにエドゥアール・ヴォルフがいる。彼の姉、レジーナは名ヴァイオリニスト、ヘンリーク・ヴィエニヤフスキー(1835-1880)の母である。ヴォルフはショパンの側近の一人であり、相互の影響感化は大きいがそれ以上に同じ出自と経歴ゆえの共通性があり、ショパンとは光の影の関係になぞらえよう。1835年パリ移住。ヴォルフは後年シャブリエのピアノの師となるが時折見せる唐突な転調・展開はシャブリエを予見させるものがある。Op.番号にして333を数えるピアノ曲があり、その他Op.なしの作品も多い。
2011年5月  執筆者: 上田 泰史 
ピアニスト兼作曲家として活躍したショパンと同時代のポーランド人の殆どは、ショパンの影にすっぽりと覆われ、今日顧みられることがない。ウクライナ出身で、パリで活躍したA. ソヴィンスキ(1805~1880)、サンクトペテルブルクで教鞭をとったA. ゲルケ(1814~1870)、Ed. ヴォルフ(1816~1880)、日本を訪れたこともある当時の世界的ツアー・ピアニストA. de コンツキ(1817~1899)――。中でもヴォルフは経歴、作風がショパンと類似していることから、作曲家としては生前より影のように寄り添うショパンのドゥーブルとして見られる向きがあった。それ故か、ヴォルフは没後も正当な評価を受けることなく、作品番号にして330を超える作品ともども忘却の淵に沈んだ。
 エドゥアール・ヴォルフは1816年9月15日、ワルシャワでユダヤ人の家庭に生まれた。父は優れた医師で、兄は父の職業を継いだ。姉のレジーナは後に二人の卓越したヴィルトウオーゾ、即ちヴァイオリニストのアンリ・ヴィエニヤフスキ(1835~1880)とピアニストのジョセフ・ヴィエニヤフスキ(1837~1912)の母となる。
AppendToggle 続きを読む/続きを閉じる

同時期に誕生した作曲家一覧

作曲家参照 シュンケ 1810-1834
作曲家参照 ホプキンス 1820-1891
作曲家参照 リスト 1811-1886
作曲家参照 シャド 1812-1879
…曲目解説  …コンサート情報  …ミュッセ楽譜情報  …音源情報  [0'0"]…標準演奏時間

登録楽曲一覧

ピアノ協奏曲(管弦楽とピアノ)

協奏曲  [ピアノ協奏曲(管弦楽とピアノ)]

ピアノ独奏曲

バラード  [ピアノ独奏曲]
スケルツォ  [ピアノ独奏曲]
ラプソディー  [ピアノ独奏曲]
曲集・小品集  [ピアノ独奏曲]
練習曲  [ピアノ独奏曲]
即興曲  [ピアノ独奏曲]
幻想曲  [ピアノ独奏曲]
変奏曲  [ピアノ独奏曲]
メヌエット  [ピアノ独奏曲]
ポロネーズ  [ピアノ独奏曲]
マズルカ  [ピアノ独奏曲]
ポルカ  [ピアノ独奏曲]
ワルツ  [ピアノ独奏曲]
タランテラ  [ピアノ独奏曲]
バガテル  [ピアノ独奏曲]
ボレロ  [ピアノ独奏曲]
ノクターン  [ピアノ独奏曲]
無言歌(ロマンス)  [ピアノ独奏曲]
カプリス  [ピアノ独奏曲]
舟歌  [ピアノ独奏曲]
パストラル  [ピアノ独奏曲]
セレナード  [ピアノ独奏曲]
ディベルティメント  [ピアノ独奏曲]
行進曲  [ピアノ独奏曲]
葬送行進曲  [ピアノ独奏曲]
性格小品  [ピアノ独奏曲]
オペラ等に基づくパラフレーズ  [ピアノ独奏曲]
リダクション/アレンジメント  [ピアノ独奏曲]
種々の作品  [ピアノ独奏曲]

ピアノ合奏曲

曲集・小品集  [ピアノ合奏曲]
幻想曲  [ピアノ合奏曲]
ディベルティメント  [ピアノ合奏曲]
性格小品  [ピアノ合奏曲]
オペラ等に基づくパラフレーズ  [ピアノ合奏曲]
ジゼル、二重奏曲/ Giselle, duo  Op.58  [1 piano 4 hands]
稲妻、二重奏曲/ L'Eclair, duo  Op.146  [1 piano 4 hands]
マルタ、二重奏曲/ Martha, duo  Op.216  [1 piano 4 hands]
椿姫、二重奏曲/ La Traviata, duo  Op.266  [1 piano 4 hands]
種々の作品  [ピアノ合奏曲]