ホーム コンクール ステップ セミナー コンサート 指導力アップ ピアノ教室紹介 ピアノ曲事典 読み物・連載
ヤナーチェク  Janáček, Leoš  チェコ ]  1854 - 1928

作曲家解説

執筆者: 小崎 紘一
 レオシュ・ヤナーチェクが生まれたのは1854年7月3日モラヴィア、カントル(教師・音楽家・教会の合唱指導者などを兼ねる)の家系であった。《イェヌーファ》に代表されるオペラ作曲家として知られるヤナーチェクだが、数少ないピアノ曲は書かれたその時々の心情がかなり具体的に反映されており、無視できないジャンルになっている。

 30代中ごろからは故郷モラヴィアの民謡の採譜をはじめ、そのフィールドワークは作風に直接関わってくることになる。同郷のドヴォルザークやスメタナのように異国趣味的に取り入れるのではなく、直接作曲語法として用いたのが特徴的で、後のバルトークやコダーイらに先駆けた。

 同時に民族復興運動にも関心を示し、政治にインスパイアされた作品も少なくない。この要素はかつてライプツィヒやヴィーンといった「本場」で彼が感じた民族的な疎外感や、郷土がオーストリアの支配下に置かれていたことが転じて愛郷心という形で噴出したものであり、作曲に民謡を取り入れたこととも無関係ではない。ヴィーンから戻った彼は公の場でドイツ語での会話を拒むようになり、市街電車の掲示がドイツ語であるという理由で決して電車には乗らなかった。
AppendToggle 続きを読む/続きを閉じる

同時期に誕生した作曲家一覧

作曲家参照 ワックス 1851-1915
作曲家参照 ネッケ 1850-1912
作曲家参照 ビーデルマン 1849-1933
…曲目解説  …コンサート情報  …ミュッセ楽譜情報  …音源情報  [0'0"]…標準演奏時間

登録楽曲一覧

ピアノ独奏曲

ソナタ  [ピアノ独奏曲]
曲集・小品集  [ピアノ独奏曲]
変奏曲  [ピアノ独奏曲]
種々の作品  [ピアノ独奏曲]
思い出/ Vzpomínka  [1928年] [1'20"]  musse  text  audio

ピアノ合奏曲

曲集・小品集  [ピアノ合奏曲]