ホーム コンクール ステップ セミナー コンサート 指導力アップ ピアノ教室紹介 ピアノ曲事典 読み物・連載
フォーレ  Faure, Gabriel  フランス ]  1845 - 1924

作曲家解説

2013年5月  執筆者: 白石 悠里子
【経歴】
 南仏パミエ生まれのフォーレは、父親が校長を務めるモンゴジの師範学校の礼拝堂でハルモニウム1を弾いて幼少期を過ごした。そこで音楽的才能を見出され、9歳の時に古典宗教音楽学校へ入学する。ここで、フォーレの学習時代の背景として、1853年にルイ・ニデルメイエールによって創設されたこの学校について理解しておく必要があるだろう。
フランスでは、フランス大革命(1789)によって教会が著しく荒廃したが、1815年にブルボン王朝の復古と共に教会音楽が再興し、作曲家・音楽理論家のアレクサンドル=エティエンヌ・ショロン(1771-1834)が設立した宗教音楽学校(1817年創設、1834にショロンの没後まもなく閉鎖)を中心に振興が図られた。だがオルレアン家のルイ・フィリップが七月王政(1830-1848)を始めると経営資金が打ち切られ閉鎖される。以後、第二共和制(1848-1852)に至るまで、宗教音楽は歴史的な関心からフェティスやモスコヴァ公爵ら博識の音楽家によって探究が続いたが、国家的な支持基盤は失われていた。1852年にナポレオン三世が第二帝政を敷き、熱狂的なカトリック信者であるウジェニー伯爵夫人をスペインから王妃に迎えたことも影響し、再び宗教音楽の振興が図られるようになった。
AppendToggle 続きを読む/続きを閉じる
執筆者: 実方 康介
 フランス南西部のパミエで、教育家の父親の元に生まれた。幼少時オルガンや宗教音楽に触れるうちに音楽の才能を見出され、1854年からパリの古典宗教音楽学校でニデルメイエールに学んだ。
 1861年からは同校で教職を得たサン=サーンスにピアノと作曲を学ぶようになり、同時代の広範な音楽を知るようになった。 1865年に卒業後はフランス各地の教会オルガニストを歴任。70年8月から約半年間は志願兵として普仏戦争参加。74年よりパリ、マドレーヌ教会でオルガンを演奏するようになり、77年に同教会楽長となった。70年代末は複数回ドイツに旅行し、ヴァイマルではリストに出会っている。80年代には父の死をきっかけとして名高いレクイエムを作曲。96年からパリ音楽院で作曲と対位法の教授となり、ラヴェルケクランエネスクといった才能ある音楽家を育てた。
AppendToggle 続きを読む/続きを閉じる

同時期に誕生した作曲家一覧

作曲家参照 ギロー 1837-1892
作曲家参照 ダンディ 1851-1931
作曲家参照 パブスト 1854-1897
…曲目解説  …コンサート情報  …ミュッセ楽譜情報  …音源情報  [0'0"]…標準演奏時間

登録楽曲一覧

ピアノ協奏曲(管弦楽とピアノ)

協奏曲  [ピアノ協奏曲(管弦楽とピアノ)]
ピアノとオーケストラのための幻想曲  ト長調/ Fantaisie G-Dur  Op.111  [1918-19年] [15'00"]  [piano and orchestra(concerto)]  text  audio

ピアノ独奏曲

バラード  [ピアノ独奏曲]
曲集・小品集  [ピアノ独奏曲]
3つの無言歌/ 3 Romances sans paroles  Op.17  [1863年] [8'00"]  text  audio
8つの小品/ 8 Pieces breves  Op.84  [1869-1902年] [19'30"]  text  audio
9つの前奏曲/ 9 Preludes  Op.103  [1909-10年] [26'00"]  text  audio
即興曲  [ピアノ独奏曲]
変奏曲  [ピアノ独奏曲]
マズルカ  [ピアノ独奏曲]
マズルカ 変ロ長調/ Mazurka B-Dur  Op.32  [1878年] [7'00"]  text  audio
ノクターン  [ピアノ独奏曲]
カプリス  [ピアノ独奏曲]
舟歌  [ピアノ独奏曲]
トランスクリプション  [ピアノ独奏曲]

ピアノ合奏曲

曲集・小品集  [ピアノ合奏曲]
組曲「ドリー」/ Dolly  Op.56  [1894-97年] [15'00"]  [1 piano 4 hands]  musse  text  audio  concert
種々の作品  [ピアノ合奏曲]
バイロイトの思い出/ Souvenirs de Bayreuth  [1888年] [5'00"]  [1 piano 4 hands]

室内楽

協奏曲  [室内楽]
バラード  嬰ヘ長調/ Bakkade pour piano et orchestre Fis-Dur  Op.19  [1877-79, (version définitive avec orchestre en 1881)   年] [15'00"]  [pf, vn, vc]
ソナタ  [室内楽]
曲集・小品集  [室内楽]
3つの歌/ Trois mélodies  Op. 7 [7'20"]  [pf, vc]  audio
種々の作品  [室内楽]
小品/ Pièce  [1906年] [3'30"]  [pf]  audio
ピアノ四重奏曲 第2番 ト短調/ Piano Quartet No.2 g-moll  Op.45  [1886年] [33'40"]  [pf, vn, va, vc]  audio

歌とピアノ

ヴォカリーズ/ Vocalise-étude  [1906年] [3'10"]  [pf, vocal]  audio