ホーム コンクール ステップ セミナー コンサート 指導力アップ ピアノ教室紹介 ピアノ曲事典 読み物・連載
ヘラー  Heller, Stephen  ハンガリー ]  1813 - 1888

作曲家解説

2012年4月  執筆者: 上田 泰史 
今日、ヘラーは概して中級者向けの練習曲作曲家とみなされている。1840年代に出版された一連の練習曲作品45、46、47は学習の過程で時折用いられる教材として有名である。今日我が国でも《旋律的練習曲》作品45(全音出版社)が出版されている。近年では《前奏曲集》作品81、150、《孤独者の散歩》作品78、《ベートーヴェンの主題による33の変奏曲》作品130など、彼の主要作品を録音するピアニストも増えてきてはいるものの、日本では相変わらず馴染みのない作曲家としての地位にとどまっている。

しかし、19世紀中葉から彼が亡くなるまで、ヨーロッパ音楽界におけるヘラーの存在は想像される以上に際立っていた。当時、数多の主要な音楽家・批評家たちは、ヘラーへの賛辞を惜しまなかった。シューマンベルリオーズをはじめケルン音楽院の院長でライン音楽祭の元締めF. ヒラー、パリ音楽院ピアノ科教授マルモンテルル・クペといった音楽家たち、さらにはベルギーの音楽学者兼作曲家フェティス、ヴィーンの美学者ハンスリックのような著述家までもが、口をそろえてヘラーを称賛した。
AppendToggle 続きを読む/続きを閉じる
2007年5月  執筆者: 宮本 優美
ハンガリー生まれのフランスのピアニスト・作曲家(ハンガリーでの名はヘレル・イシュトヴァーン、フランスではステファン・エレ)。
ブダペストで音楽の手ほどきを受けた後、ツェルニーに学ぶためウィーンに向かうが、高額な授業料を支払うことができず、代わりにアントン・ハルムの弟子となる。ハルムを通して、ヘラーはシューベルトベートーヴェンに出会った。
出版されたピアノ曲は160曲以上に上り、op.45, op.46, op.47(1844)などのすぐれた練習曲は今も多くのピアニストに親しまれている。

同時期に誕生した作曲家一覧

作曲家参照 ラバール 1805-1870
作曲家参照 スッペ 1819-1895
作曲家参照 リチャーズ 1817-1885
作曲家参照 リーベ 1819-1900
…曲目解説  …コンサート情報  …ミュッセ楽譜情報  …音源情報  [0'0"]…標準演奏時間

登録楽曲一覧

ピアノ独奏曲

ソナタ  [ピアノ独奏曲]
ロンド  [ピアノ独奏曲]
バラード  [ピアノ独奏曲]
スケルツォ  [ピアノ独奏曲]
曲集・小品集  [ピアノ独奏曲]
練習曲  [ピアノ独奏曲]
前奏曲  [ピアノ独奏曲]
即興曲  [ピアノ独奏曲]
幻想曲  [ピアノ独奏曲]
変奏曲  [ピアノ独奏曲]
ポロネーズ  [ピアノ独奏曲]
マズルカ  [ピアノ独奏曲]
ワルツ  [ピアノ独奏曲]
タランテラ  [ピアノ独奏曲]
レントラー  [ピアノ独奏曲]
バガテル  [ピアノ独奏曲]
ボレロ  [ピアノ独奏曲]
その他の舞曲  [ピアノ独奏曲]
ノクターン  [ピアノ独奏曲]
無言歌(ロマンス)  [ピアノ独奏曲]
カプリス  [ピアノ独奏曲]
舟歌  [ピアノ独奏曲]
パストラル  [ピアノ独奏曲]
セレナード  [ピアノ独奏曲]
ディベルティメント  [ピアノ独奏曲]
葬送行進曲  [ピアノ独奏曲]
間奏曲  [ピアノ独奏曲]
性格小品  [ピアノ独奏曲]
リダクション/アレンジメント  [ピアノ独奏曲]
種々の作品  [ピアノ独奏曲]

ピアノ合奏曲

ワルツ  [ピアノ合奏曲]
6つのワルツ/ 6 Valses  Op.152  [1 piano 4 hands]