ホーム コンクール ステップ セミナー コンサート 指導力アップ ピアノ教室紹介 ピアノ曲事典 読み物・連載
ワーグナー  Wagner, Richard  ドイツ ]  1813 - 1883

作曲家解説

2009年2月  執筆者: 岡田 安樹浩
リヒャルト・ワーグナーは1813年ライプツィヒ生まれ。「楽劇Musikdrama」の創始者として知られるほか、半音階をたくみに用いて調性の拡大をはかった作曲家として名高い。《トリスタンとイゾルデ》の冒頭和音が「トリスタン和音」と呼ばれ、エルンスト・クルトらが極端にこれをクローズ・アップしたために、調性を「崩壊」させたという認識が一般に広がったが、これは誤りである。ワーグナーは機能和声のなかで半音階を用いて自在に動き回ったのであり、また極端なまでのモティーフの関連づけによって長大な作品(たとえば4部作《ニーベルングの指環》は上演に4晩を要す)に統一性を与えたのである。

ワーグナーは作曲家としての修行時代をライプツィヒでおくった。彼が作曲を師事したのはトーマス・カントールであるテオドール・ヴァインリヒであった。ヴァインリヒのもとで受けた対位法の訓練は後のワーグナーに大いに影響を与えたことは間違いない。また、トーマス・シューレで学んだことで、J.S.バッハの作品を知ることにも当然なったであろう。
AppendToggle 続きを読む/続きを閉じる

同時期に誕生した作曲家一覧

作曲家参照 バイエル 1803-1863
作曲家参照 デーラー 1814-1856
作曲家参照 ベネット 1816-1875
作曲家参照 リトルフ 1818-1891
…曲目解説  …コンサート情報  …ミュッセ楽譜情報  …音源情報  [0'0"]…標準演奏時間

登録楽曲一覧

ピアノ独奏曲

ソナタ  [ピアノ独奏曲]
幻想曲  [ピアノ独奏曲]
幻想曲 嬰ヘ短調/ Fantasie fis-moll  WWV22  Op.3  [1831年] [28'00"]
ポロネーズ  [ピアノ独奏曲]
ポルカ  [ピアノ独奏曲]
ポルカ ト長調/ Polka G-Dur  WWV84  [1853年] [0'40"]
性格小品  [ピアノ独奏曲]
種々の作品  [ピアノ独奏曲]

ピアノ合奏曲

歌とピアノ

種々の作品  [歌とピアノ]