ホーム コンクール ステップ セミナー コンサート 指導力アップ ピアノ教室紹介 ピアノ曲事典 読み物・連載
ブルッフ  Bruch, Max  ドイツ ]  1838 - 1920

作曲家解説

2008年9月  執筆者: 齊藤 紀子
 ドイツの作曲家。《コル・ニドライ》などで知られている。ソプラノ歌手であった母親から音楽の手ほどきを受けた。1852年に弦楽四重奏曲でフランクフルト・モーツァルト財団の奨学金を得て、ケルンで作曲と音楽理論をヒラー、ピアノをライネッケに学んでいる。その後、コーブレンツの音楽監督やゾンダースハウゼン宮廷楽長、リヴァプール・フィルハーモニック協会指揮者、ブレスラウ市立管弦楽団指揮者、ベルリン芸術アカデミーの作曲マスタークラスの教授など様々な職に就いた。ケンブリッジやベルリン大学からは名誉博士号を授与され、ベルリン芸術アカデミーの名誉会員にも選出されている。ブルッフの作風は、深い叙事性が特徴的である。

同時期に誕生した作曲家一覧

作曲家参照 アッシャー 1829-1869
作曲家参照 ギロー 1837-1892
作曲家参照 レドナー 1831-1908
…曲目解説  …コンサート情報  …ミュッセ楽譜情報  …音源情報  [0'0"]…標準演奏時間

登録楽曲一覧

ピアノ協奏曲(管弦楽とピアノ)

協奏曲  [ピアノ協奏曲(管弦楽とピアノ)]

ピアノ独奏曲

曲集・小品集  [ピアノ独奏曲]
6つの小品/ 6 Stücke  Op.12  [1861?刊年]
2つの小品/ 2 Stücke  Op.14  [1862?刊年]  musse

ピアノ合奏曲

幻想曲  [ピアノ合奏曲]
幻想曲/ Fantasie  Op.11  [1861刊年]  [2 pianos 4 hands]
カプリス  [ピアノ合奏曲]
奇想曲/ Capriccio  Op.2  [1858?刊年]  [1 piano 4 hands]