ホーム コンクール ステップ セミナー コンサート 指導力アップ ピアノ教室紹介 ピアノ曲事典 読み物・連載
タールベルク  Thalberg, Sigismund  オーストリア ]  1812 - 1871

作曲家解説

2011年5月  執筆者: 上田 泰史 
 1812年1月8日、ジュネーヴに生まれる。彼はモーリツ・ディートリヒシュタイン伯爵とヴェッツラー男爵夫人という高貴な身分の男女の落胤と云われている。10歳でウィーンを訪れ宮廷オペラ楽団のファゴット奏者に手ほどきを受けたのち、作曲理論の大家S. ゼヒターと著名なピアニスト兼作曲家フンメルチェルニーに師事。「難なく」最高の演奏技術を修得したタールベルクは、14歳のときにはサロンの寵児となり16歳で最初の作品を出版した。パリで最初にステージに立ったのは1834年のことである。
 1836年、彼はパリ音楽院ホールの聴衆の耳を釘づけにし、センセーションを巻き起こした。ジャーナリズムはリストと比較してタールベルクを賞賛し、なかば意図的に両者をライバルに仕立て上げようとしたために、スイスに滞在していたリストはパリに駆け付けることとなった。
AppendToggle 続きを読む/続きを閉じる
2008年12月  執筆者: 齊藤 紀子
学習・師事歴/作品とその手法/ピアニストとしてのタールベルク
1.学習・師事歴

 スイス生まれの作曲家。貴族の出だが、私生児として生まれたと考えられている。
 10歳の時に、ウィーンで外交官になるための準備教育と共に音楽を学んだ。音楽の基本的な手ほどきをしたのは、宮廷歌劇場のファゴット奏者ミッタークである。音楽理論はジーモン・ゼヒターに、ピアノはフンメルに師事した。その後、パリにてJ. P. プクシスとフレデリック・カルクブレンナーに、ロンドンにてモシェレスにも師事している。

2.作品とその手法

 16歳の時に、最初の作品を出版している。ヴィルトゥオーソの慣習に従い、自ら演奏するために、当時のオペラのアリアに基づくファンタジアを数多く作曲した。その際、メロディーはピアノの中音域に配置し、その上下に対位声部をおいたり和声づけを施す手法が多用されている。「10本の手をもつタールベルク」という戯画が残されているほど技巧に長じていた。しかし、タールベルクは大仰な演奏スタイルに偏重していたわけではなく、「ピアノによるベル・カント」を志向していた。
AppendToggle 続きを読む/続きを閉じる
■参考文献:WANGERMEE,Robert.
「タールベルク,ジーギスモント(・フォルテュネ・フランソワ)」『ニューグローブ世界音楽大事典』茂木,一衛(日本語訳),第10巻,313-314頁.

同時期に誕生した作曲家一覧

作曲家参照 スタマティ 1811-1870
作曲家参照 フロトー 1812-1883
作曲家参照 グリンカ 1804-1857
作曲家参照 バイエル 1803-1863
作曲家参照 レッケル 1816-1899
…曲目解説  …コンサート情報  …ミュッセ楽譜情報  …音源情報  [0'0"]…標準演奏時間

登録楽曲一覧

ピアノ協奏曲(管弦楽とピアノ)

協奏曲  [ピアノ協奏曲(管弦楽とピアノ)]
ピアノ協奏曲 ヘ短調/ Konzert für Klavier und Orchester f-moll  Op.5  [1830年] [29'00"]  [piano and orchestra(concerto)]
管弦楽付き作品  [ピアノ協奏曲(管弦楽とピアノ)]

ピアノ独奏曲

ソナタ  [ピアノ独奏曲]
バラード  [ピアノ独奏曲]
スケルツォ  [ピアノ独奏曲]
曲集・小品集  [ピアノ独奏曲]
練習曲  [ピアノ独奏曲]
即興曲  [ピアノ独奏曲]
幻想曲  [ピアノ独奏曲]
変奏曲  [ピアノ独奏曲]
ワルツ  [ピアノ独奏曲]
タランテラ  [ピアノ独奏曲]
ノクターン  [ピアノ独奏曲]
無言歌(ロマンス)  [ピアノ独奏曲]
カプリス  [ピアノ独奏曲]
舟歌  [ピアノ独奏曲]
ディベルティメント  [ピアノ独奏曲]
性格小品  [ピアノ独奏曲]
オペラ等に基づくパラフレーズ  [ピアノ独奏曲]
種々の作品  [ピアノ独奏曲]

室内楽