バッハ/フーガの技法 全体構成

作成:朝山奈津子 2007/9
初版タイトル 楽曲内容 BWV 初版の段組と譜表* 拍子記号** 小節数 自筆譜
配列
自筆譜からの主な変更
Contrapunctus 1 基本テーマの正立形による4声単純フーガ 1080/1 4段総譜(SATB) Alla Breve 78 1 Alla Breveのまま、4/2から2/2へ。終結部加筆。
Contrapunctus 2 基本テーマの正立形による4声単純フーガ 1080/2 4段総譜(SATB) Alla Breve 84 3 Alla Breveのまま、4/2から2/2へ。終結部加筆。
Contrapunctus 3 基本テーマの倒立形による4声単純フーガ 1080/3 4段総譜(SATB) Alla Breve 72 2 Alla Breveのまま、4/2から2/2へ。終結部加筆。
Contrapunctus 4 基本主題の倒立形による4声単純フーガ 1080/4 4段総譜(SATB) Alla Breve 138 - 楽曲追加。
Contrapunctus 5 基本テーマの正立形と倒立形による4声反行ストレッタフーガ 1080/5 4段総譜(SATB) C 89 4 Alla BreveからCへ。
Contrapunctus 6 a 4 in Stylo Francese フランス様式の4声反行ストレッタフーガ 1080/6 4段総譜(SATB) C 79 7 T.44-46:装飾的なリズムを追加。
Contrapunctus 7 a 4 per Augmentationem et Diminutionem 拡大と縮小による4声反行フーガ 1080/7 4段総譜(SATB) C 61 8 大幅変更なし。
Contrapunctus 8 a 3 変形テーマと2つの新主題による3声三重フーガ 1080/8 3段総譜(SAB) Alla Breve 188 10 2/4から2/2(Alla Breve)へ、さらに音価を倍増。
Contrapunctus 9 a 4 alla Duodecima 12度の転回対位法による4声二重フーガ 1080/9 4段総譜(SATB) C 130 5 Cのまま音価を倍増。
Contrapunctus 10 a 4 alla Decima 10度の転回対位法による4声二重フーガ 1080/10 4段総譜(SATB) C 120 6 Cのまま音価を倍増。初期稿第2主題を冒頭主題として用いる。
Contrapunctus 11 a 4 変形テーマと2つの新主題による4声三重フーガ 1080/11 4段総譜(SATB) Alla Breve 184 11 2/4から2/2(Alla Breve)へ、さらに音価を倍増。大幅改訂。
Contrapunctus 12 a 4. a) Forma inversa 4声の鏡像フーガ:倒立形 1080/12.2 4段総譜(SATB) 3/2 56 12
(上段)
a)とbを上下に並列するのでなく、1曲ずつ分離。3/4から3/2へ、さらに音価を倍増。
Contrapunctus 12 a 4. b) Forma recta 4声の鏡像フーガ:正立形 1080/12.1 4段総譜(SATB) 3/2 56 12
(下段)
3/4から3/3へ、さらに音価を倍増。
Contrapunctus inversus a 3. a) Forma recta 3声の鏡像フーガ:変形正立主題 1080/13.2 3段総譜(VSB) Alla Breve 71 13
(上段)
a)とbを上下に並列するのでなく、1曲ずつ分離。2/4からCへ、さらに音価を倍増。
Contrapunctus inversus a 3. b) Forma inversa 3声の鏡像フーガ:倒立形 1080/13.1 3段総譜(VSB) Alla Breve 71 13
(下段)
2/4から2/2(Alla Breve)へ、さらに音価を倍増。
Contrapunctus a 4 4声二重フーガ 1080/10 a 4段総譜(SATB) C 98 6 Cのまま音価を倍増。初版第10曲の初期稿。
Canon per Augmentationenm in Contrario Motu 拡大カノン 1080/14 2段総譜(VB/VA) Alla Breve 109 15 S譜表1段による「謎カノン」の表記を削除。SB譜表からVB譜表へ。CからAlla Breveへ、さらに音価を倍増。
Canon alla Ottava 変形倒立テーマによる8度のカノン 1080/15 2段総譜(SB/SA) 9/16 103 9 S譜表1段による「謎カノン」としての表記を削除。
Canon alla Decima in Contrapunto all Terza 変形倒立テーマによる3度のカノン 1080/16 2段総譜(VT) 8/12 82 - 楽曲追加。
Canon all Duodecima in Contrapunto alla Quinta 変形正立テーマによる5度のカノン 1080/17 2段総譜(SB) Alla Breve 78
(75小節目に反復記号)
- 楽曲追加。
Fuga inversa a 2 Clavicembali: a) Forma inversa 印刷譜第13曲を2台のチェンバロ用に編曲したもの。正立形。 1080/18.1 大譜表(VB)2段組
(Cem.I/II)
2/4 71 - 楽曲追加。
Alio modo. Fuga inversa a 2 Clavicembali: b) Forma recta 印刷譜第13曲を2台のチェンバロ用に編曲したもの。倒立形。 1080/18.2 大譜表(VB)2段組
(Cem.I/II)
2/4 71 - 楽曲追加。
Fuga a 3 Soggetti 3つの新しい主題による4声三重フーガ。未完。 1080/19
(Fragment)
4段総譜(SATB) C 233 - 楽曲追加。
Choral: Wenn wir in Ho"chsten No"ten sein. Canto fermo in Canto コラール《われら苦しみの極みにあるとき》の旋律による4声フーガ 668a 4段総譜(SATB) C 45 - 楽曲追加。

* SATはハ音記号によるソプラノ/アルト/テノール譜表、Bはヘ音記号によるバス譜表、Vはト音記号によるヴァイオリン譜表。
** Cに縦線を書き入れたものをここでは Alla Breve と表記する。

▲ページTOPへ
ホーム > ピアノ曲事典 > ピアノ曲事典とは > 資料 > バッハ/フーガの技法 全体構成