バッハ/ゴルトベルク変奏曲 構成

作成:朝山奈津子 2007/7
楽章 出版譜における見出しおよび注記 使用鍵盤数 曲種 声部数 小節数 調 その他
アリア ARIA 3 32
第1変奏 a 1 Clav 1 性格変奏 2 クーラント、手の交差
第2変奏 a 1 Clav. 1 性格変奏 3 トリオ、カノン風
第3変奏 a 1 Clav. Canone al'Unisuono 1 カノン 3 同度のカノン
第4変奏 a 1. Clav. 1 性格変奏 4 跳躍舞踏
第5変奏 a 1 ovverro 2 Clav. 2 デュエット 2
第6変奏 a 1 Clav. Canone alla Seconda 1 カノン 3 2度のカノン
第7変奏 a 1 ovverro 2 Clav. 2 性格変奏 2 シチリアーノ、「ジーグのテンポで」*
第8変奏 a 2 Clav. 2 デュエット 2
第9変奏 a 1 Clav. Canone alla Terza 1 カノン 3 16 3度のカノン
第10変奏 a 1 Clav. Fughetta 1 性格変奏 4 フゲッタ
第11変奏 a 2 Clav. 2 デュエット 2
第12変奏 Canone alla Quarta 1 カノン 3 4度のカノン
第13変奏 a 2 Clav. 2 性格変奏 3ないし4 サラバンド、装飾付アダージョ
第14変奏 a 2 Clav. 2 デュエット 2
第15変奏 a 1 Clav. Canone alla Quinta, Andante 1 カノン 3 ト短調 5度の鏡像カノン
第16変奏 a 1 Clav. Quverture 1 性格変奏 3 48 フランス風序曲
第17変奏 a 2 Clav. 2 デュエット 2
第18変奏 a 1 Clav. Canone alla Sesta 1 カノン 3 6度のカノン、アラ・ブレーヴェ
第19変奏 a 1 Clav. 1 性格変奏 3 レントラー
第20変奏 a 2 Clav. 2 デュエット 2
第21変奏 Canone alla Settima 1 カノン 3 ト短調 7度のカノン
第22変奏 a 1 Clav. Alla breve 1 性格変奏 4 フゲッタ・アラ・ブレーヴェ
第23変奏 a 2 Clav. 2 デュエット 2
第24変奏 a 1 Clav. Canone all'Ottava 1 カノン 3 8度のカノン
第25変奏 a 2 Clav. 2 性格変奏 3 ト短調 旋律的装飾付アダージョ
第26変奏 a 2 Clav. 2 デュエット 2 18/16 拍子と 3/4 拍子の対置
第27変奏 a 2 Clav. Canone alla Nona 2 カノン 2 9度のカノン
第28変奏 a 2 Clav. 2 性格変奏 3 二重トリラーと手の交差
第29変奏 a 1 ovverro 2 Clav. 2 性格変奏 2
第30変奏 a 1 Clav. Quodlibet 1 性格変奏 4 クォドリベット
アリア          

*バッハが手元に置いた印刷本には、「ジーグのテンポで al tempo di Giga」と書き込まれている。

参考資料
・ デイヴィッド・シューレンバーグ『バッハの鍵盤音楽』、佐藤望/木村左千子訳、小学館、2001。
・ ヘルマン・ケラー『バッハのクラヴィーア作品』、東川清一/中西和枝訳、音楽之友社、1972。



ホーム > ピアノ曲事典 > ピアノ曲事典とは > 資料 > バッハ/ゴルトベルク変奏曲 構成