金子 一朗(カネコ イチロウ)

◆ メッセージ ◆
2005年にピティナピアノソロ部門特級でグランプリをいただきました。また、2003年から3年、ピティナのソロ部門特級で連続してファイナルに残った自分がそのレベルに達した最大の理由の一つに、豊富な室内楽経験があると考えております。グランプリをいただいてからの1年はコンクールの褒賞演奏会が多く、室内楽は1年で2回しかできませんでしたが、そろそろ回数が増やせると思っております。よろしくお願いいたします。

プロフィール

20年以上の経験あり。最近では、チェリストの大島純氏、ヴァイオリニストの斎藤アンジュ玉藻氏などと共演。バロックから現代までの室内楽を幅広く演奏してきている。特に多く演奏しているのはブラームス、プーランク、ベートーヴェン、モーツァルトであるが、近現代の作品は多く演奏経験がある。また、歌曲の伴奏も多数おこなっている。

申込フォームへ

詳細情報

対象 弦、管を問わずピアノつき室内楽全般、また、歌曲のピアノ伴奏、オペラアリア伴奏など。
金額 応相談
地域 関東、東海を中心としますが、スケジュールなどが合えば、どちらでも演奏いたします。

これからの後援コンサート
  • 2018/8/26:金子 一朗 ピアノリサイタル (埼玉県)後援
  • 2018/4/28:金子一朗ピアノリサイタル (大阪)後援
  • 後援コンサート実績

    実績

    • 2006年 アン基金プロジェクト10周年記念オレンジリボン・ヴァイオリンコンサートにて、ブラームスのヴァイオリンソナタ第1番他を共演他、多数出演経験あり

    レパートリーリスト

    ブラームス:チェロソナタ第1番、ヴァイオリンソナタ第1番、クラリネットトリオ作品114、クラリネットソナタ第1番、クラリネットソナタ第2番、ホルントリオ作品40
    ドビュッシー:ヴァイオリンソナタ
    メンデルスゾーン:ピアノトリオ第1番
    プーランク:オーボエソナタ、オーボエとファゴットとピアノのためのトリオ、管楽6重奏曲
    ベートーヴェン:チェロソナタ第3番
    モーツァルト:ピアノ4重奏第1番
    ラヴェル:ピアノトリオ
    サン=サーンス:オーボエソナタ
    R.シュトラウス:オーボエ協奏曲(オーケストラパート)
    シューベルト:アルペジョーネ・ソナタ
    シューマン:アダージョとアレグロ作品70、3つのロマンス作品94
    ショスタコーヴィチ:ピアノトリオ第1番
    ドヴォルザーク:ヴァイオリンとピアノのためのソナチネ作品100
    プッチーニ:ラ・ボエーム、トゥーランドットなどのオペラアリア伴奏 他

    申込フォームへ

    ホーム > ピアノコンサート > ピアノ伴奏者紹介