大井浩明 POC [Portraits of Composers] 第42~第46回公演 《先駆者たち Les prédécesseurs Ⅱ》
 
日時 2019年10月14日(月)から2020年2月15日(土)まで   
会場 松涛サロン(東京都渋谷区松濤1-26-4) (東京)
出演 大井 浩明(ピアノ独奏)
料金 3000円(全自由席) [3公演パスポート8000円 5公演パスポート12000円]
曲目 【ポック(POC)#42】 「戦後前衛音楽の濫觴」 2019年10月14日(月・祝)17時開演 松涛サロン(渋谷区)
R.シュトラウス(1864-1949):皇紀2600年奉祝音楽(1940/2019)(米沢典剛によるピアノ独奏版、世界初演)、しばてつ(1959- ) :「君が代」逆行形による変奏曲》(2019、委嘱改訂初演)、李聖賢(1995- ):君が代遺聞(2019、委嘱初演)、成田為三(1893-1945):「君が代」変奏曲(1942)、M.グルリット(1890-1972):信時潔「海ゆかば」による変奏曲(1944、全曲による世界初演)、黛敏郎(1929-1997):オール・デウーヴル(1947)、松平頼則(1907-2001):盤渉調越天楽による主題と変奏(1951/1983) 諸井誠(1930-2013):αとβ ピアノ曲1956
入野義朗(1921-1980):三つのピアノ曲(1958) 松下眞一(1922-1990):可測な時間と位相的時間(1957/60)

【ポック(POC)#43】 「ヤナーチェクからの眺望」 2019年11月9日(土)18時開演 松涛サロン(渋谷区)
間宮芳生(1929- ):ピアノソナタ第2番(1973)林光(1931-2012):ピアノソナタ第2番「木々について」(1981)レオシュ・ヤナーチェク(1854-1928):ズデンカ変奏曲 Op.1 (1880)草かげの小径にて(1901-08 /1911) ピアノソナタ 変ホ短調「1905年10月1日 街頭にて」(1905) 霧の中で(1912) 、弦楽四重奏曲第2番「ないしょの手紙」(1928/2018)(米沢典剛によるピアノ独奏版、世界初演)

【ポック(POC)#44】 「スクリャービンの窯変」 2019年12月20日(金)18時開演 松涛サロン(渋谷区)
山田耕筰(1886-1965):スクリャービンに捧ぐる曲》(1917)
舞踊詩「青い焔」(1916) スクリャービン(1871-1915) :ソナタ第7番「白ミサ」Op.64 (1911)
スクリャービン:詩的夜想曲 Op.61 (1911/12)ソナタ第6番 Op.62 (1911/12)2つの詩曲 Op.63 (1911/12)3つの練習曲 Op.65 (1912) ソナタ第9番「黒ミサ」Op.68 (1912/13)2つの詩曲 Op.69 (1912/13)ソナタ第10番「トリル・ソナタ」Op.70 (1913)ソナタ第8番 Op.66 (1913)2つの詩曲 Op.71 (1914)
詩曲「焔に向かって」Op.72 (1914)2つの舞曲 Op.73 (1914)5つの前奏曲 Op.74 (1914)

【ポック(POC)#45】 「シマノフスキの讖緯」 2020年1月18日(土)18時開演 松涛サロン(渋谷区)
若尾裕(1948- ):さりながら雪(2019、委嘱初演)、李聖賢(1995- ):夜の集(すだ)き(2019、委嘱初演)、カロル・シマノフスキ(1882-1937):《メトープ(浮彫) Op.29》(1915)《仮面劇 Op.34》(1916)《ピアノソナタ第3番 Op.36》(1917)《20のマズルカ集 Op.50》(1924/25)《2つのマズルカ Op.62》(1933/34)

【ポック(POC)#46】 「ジョリヴェの蚕蝕」 2020年2月15日(土)18時開演 松涛サロン(渋谷区)

門脇治(1964- ):前奏曲第11番(2020、委嘱初演)、前田克治(1970- ):影と形Ⅲ(2020、委嘱初演)、アンドレ・ジョリヴェ(1905-1974):《マナ》(1935) 《五つの儀式的舞踊》(1939)
ピアノソナタ第1番(1945) ピアノソナタ第2番(1957)、エドガー・ヴァレーズ(1883-1965):《アルカナ》(1927/2018、米沢典剛によるピアノ独奏版、世界初演)
問合先 エッセ・イオ(essai-Ïo) poc2019@yahoo.co.jp
WEB
メッセージ