「まなざし」日本フィンランド修好100周年演奏会
 
日時 2019年12月6日(金) 開演:19時 開場:18時30分   
会場 サロンテッセラ (東京)
出演 杉浦 菜々子(pf)、小川 至()
料金 3.000円
曲目 山田耕筰:「聖福 1」 「聖福 2」 (1917)
シベリウス:「ロマンティックな情景 作品101-5」(1924)
湯山昭:「マシーナリィ ・エイジ」(1970年頃)
エイナル・エングルンド:「ソナチネ」(1966)
矢代秋雄:「夜曲」(1947)、「『吉田御殿』より荒武者の踊り」(1949)
ヨーナス・コッコネン:「『5つのバガテル』より第2曲「間奏曲」、第5曲「樹々」」(1969)
溝上日出夫:「野の歌Ⅰ」(連弾)(1975/89)
ヴェスマン:「マッティとマイヤ」(連弾)(1986)
― 休 憩 ―
ハッリ・ヴオリ:神話組曲(1979)

エイノユハニ・ラウタヴァーラ:「ナルキッソス」(2002)
徳山美奈子:「委嘱新作」(連弾)(2019)





問合先 nanakom54@gmail.com
WEB
メッセージ 本年2019年はフィンランドと日本の修好100周年。本プログラムでは基本的に両国の音楽が対比的に置かれている。それぞれの風土を感じさせる山田耕筰やシベリウスの作品を両国の「シンボル」としつつ、その相違点を聞き比べながら、これまで顧みられることのなかった両者の音楽的類似性や精神的共通性を導き出せるプログラムとした。編成の上でもソロ・連弾という多様な形態を取りながら、演目の最後には気鋭の作曲家である徳山美奈子氏への新作委嘱による連弾曲によって「両国のこれからの音楽的交流と発展」を祝う締めくくりとしている。徳山氏は日本を代表する作曲家でありながら、日本・フィンランド新音楽協会の会員という側面も持っており、本作も「日本の近代から現代における音楽的発展の特徴と、フィンランドのそれが融和した作品を目指した作品を」作曲することを念頭に置いたものとなっている。 出演者: 杉浦菜々子 日本人作品を多く演奏し、ピティナピアノ曲辞典に音源を提供している。2018年CD「山田耕筰作品集」をリリースし、『レコード芸術』誌の《特選盤》に選出される。 https://enc.piano.or.jp/persons/6296 小川至 フィンランド協会所属。フィンランド音楽の研究にあたり、ピティナピアノ曲辞典に解説を提供する他、プログラムノートの執筆を多く手掛けている。 https://enc.piano.or.jp/persons/6941

出演者情報


 共立女子大学文芸学部日本文学コース卒業。卒業後、ヤマハシステム講師として伊藤楽器にて勤務し、後進の指導にあたる。その後、武蔵野音楽大学大学院博士前期過程修了。修了後、同大学にて伴奏研修員を務める。2013年3月、2015年3月に谷中音楽ホール主催にてソロリサイタルを、2011年6月、2013年6月にヴァイオリンとのデュオリサイタル、2015年12月、2017年2月にピアノトリオリサイタルを開催。また声楽・フルート・ピアノのジョイントコンサート「エスポワールコンサート」は今年12回目を迎える。江東区音楽家協会主催のプロムナードコンサート、ティアラマンスリーコンサートに定期的に出演、2014年10月同協会主催コンサートでピアノコンチェルトを明治大学交響楽団と共演。ピティナ公開録音コンサートでは「日本人作品の夕べ」シリーズとし、邦人によるピアノソロ、アンサンブル曲を取り上げ、ピティナピアノ曲事典に音源が配信されている。同じく邦人作品を取り上げたCDのリリースが予定されている。2009年より土屋美寧子氏、和波孝禧氏主宰による「八ヶ岳室内楽短期セミナー」にほぼ毎年参加。ピアノを、山田彰一、土屋美寧子各氏に、室内楽を土屋美寧子、和波孝禧各氏に、フォルテピアノを崎川晶子氏に師事。江東区音楽家協会会員。日仏現代音楽協会正会員。ピティナ正会員。

今後の公演

  データはございません