プレゼンテーション 現代の作品 そのXLVI(46)
日時 2019年6月3日(月) 開演:19時 開場:18時30分   
会場 豊洲シビックホール (東京)
出演 末永匡・小田裕之・村田悠果・安田正昭・小倉美春(pf)、喜田理永(fl)、夏秋裕一(vc)、西村薫・柿原洸矢・中村匡寿・緒形真依子(cl)、宮西一弘(Ter)
料金 一般3.000円/学生1.000円
曲目 加藤真一郎:opus for piano solo (1996)
Piano 末永匡

佐藤岳晶:華麗島頌歌 ── 西川満の詩による三つの歌曲  作詩 西川満 (2019初演)
Tenor 宮西一弘 Piano 小田裕之
武澤陽介:三奏者のための作品(2019初演)
Flute 喜田理永 Cello 夏秋裕一 Piano 村田悠果

寺内園生:True(2019初演)
Piano 安田正昭

森山智宏:Quartet for Clarinets(1998)
Clarinet 西村薫 柿原洸矢 中村匡寿 緒形真依子

間宮芳生: ピアノトリオ(1977)
Piano 小倉美春 Violin 美島佑哉 Cello 新保順佳
問合先 info_presen@yahoo.co.jp
WEB
メッセージ 「プレゼンテーション」の第1回演奏会は、1968年、「日本現代歌曲の夕べ」として東京で開かれ、松平頼則、松葉良、石井五郎、伊藤隆太、塚谷晃弘などの作品が歌われた。彼らは、日本の伝統的語法を生かし、現代的感覚をもつ音楽を作曲したいと考え、それ以来、ほぼ毎年、新作の発表を行った。その後、新たな同人も加わり、次世代の作曲家たちへその伝統が受け継がれている。創立51年目の本年、その第46回演奏会とともに、「プレゼンテーション」は半世紀を経た新たな歴史を歩み始める。今回は同人の作品とともに、特別企画として、本年卒寿を迎えられる作曲家、間宮芳生氏の作品を演奏する。民俗音楽にも深く傾倒し、その幅広い視野と豊かな個性から、日本の作曲界を牽引してきた同氏の音楽世界。その音楽へ、次世代を担う演奏家たちが、新たな感性を吹き込むことに期待したい。

出演者情報


 桐朋学園大学、ベルリン芸術大学、フライブルグ音楽大学、モーツァルテウム音楽院で研鑽を積む。2006年ドイツ演奏家国家資格を授与され、2009年東京文化会館にて公式デビュー。確かな実力が認められ様々な音楽祭やコンサートに招かれている。日本国内はじめアジア、中東、ヨーロッパの各地で国際的な演奏活動を展開。ソロのみならず著名な演奏家との室内楽、国内外のオーケストラと数々の共演を重ねている。昨年、カイロ交響楽団シーズンオープニングガラコンサートのソリストに抜擢。カイロとアレキサンドリア両公演で大成功をおさめ多くのメディアで取り上げられたことは記憶に新しい。2015年、演出白井晃、脚本中島かずき、音楽監督三宅純の各氏によるベートーヴェンの舞台「No.9-不滅の旋律-」では全公演全幕のピアノ演奏を担当した。末永の柔軟なアイデアや鋭い感覚は現代アートでも遺憾無く発揮され、類を見ない表現力を可能にしている。その圧倒的な音楽性、幅広い活動に各界から多くの賛辞が贈られている。「多様性、自己との対峙、人間存在を問うこと」は末永の音楽哲学の本質である。演奏活動と同時に教育にも従事している。未来の社会を担う子供たちへのアウトリーチ活動や公開レッスン、ゼミ、レクチャー等を全国で精力的に行なっている。「開かれた教育、学際的」という末永の教育理念に基づいた各活動には熱心な聴講と参加希望者が絶えない。ちちぶ国際音楽祭講師、数々のコンクール審査、PTNAステップアドバイザー、そして立教大学、桐朋学園大学、東京工業大学に講演、講義など各方面から招かれている。2018年2月「TED×Titech」に登壇予定。デビューアルバム「Intermezzo」がレコード芸術にて準特選に選出。ベートーヴェン3大ソナタ「悲愴、月光、熱情」が収録された待望の2ndアルバムリリース記念コンサートが2018年9月14日浜離宮朝日ホールにて予定されている。所属事務所ミリオンコンサート協会。昭和音楽大学講師。中島和彦、G.ミショリー、H.ライグラフ、D.クラウス、 E.アンドレアスの各氏に師事。「末永匡オフィシャルブログ」http://tdsuenaga.blogspot.jp

今後の公演

  データはございません