前奏曲とフーガ~バッハから20世紀へ~
 
日時 2019年3月30日(土) 開演:14時30分 開場:14時   
会場 松尾ホール (東京都)
出演 岩本 きよら(pf)、鈴木飛鳥(Pf.)、高橋健一郎(Pf.)
料金 一般3,000円、学生2,000円
曲目 グラズノフ《4つの前奏曲とフーガ 》Op.101 より 第3番 ハ短調
ショスタコーヴィチ《 24 の前奏曲とフーガ 》Op.87 より 第24番 ニ短調
ザデラツキー《 24 の前奏曲とフーガ 》より 第8番 嬰へ短調
ポルトラツキー《 24の前奏曲とフーガ 》Op.17より 第16番 変ロ短調
バッハ《 平均律クラヴィーア曲集 》第1巻より 第1番 ハ長調 BWV846 他

問合先 zadera330@gmail.com
WEB
メッセージ 「前奏曲とフーガ」の形式の系譜に光を当てます。 《平均律クラヴィーア曲集》に始まり、ロマン派グラズノフの名品、20世紀音楽の先駆者の一人でありながら近年ようやく発掘されたザデラツキーを経て、バッハ以降の最高傑作と名高いショスタコーヴィチまで。現代にいたる音楽の歴史的展開を体験する稀な機会です。

出演者情報


 兵庫県出身。兵庫県立西宮高等学校音楽科を経て、東京藝術大学音楽学部器楽科ピアノ専攻卒業。これまでにピアノを轟木裕子、伊藤恵、Ronan Magill、有森博の各氏に師事。2011年、オーストリア・インスブルックStadtsaal大ホールにてティミショアラ歌劇場管弦楽団と共演。また同年、ウィーンのベーゼンドルファーザールにてソロリサイタルを開催。翌年にはヴィチェンツァの世界遺産テアトロ・オリンピコをはじめミラノ、ヴェネツィアなどイタリア各地で演奏し好評を博すなど、国内外での演奏活動を意欲的に行う。現在はロシア音楽を中心に演奏活動を行うほか、ボルトキエヴィチをはじめとする知られざるロシア作品の発掘・紹介に務めている。

今後の公演

  データはございません