歌ものがたり「中将姫」イタリア公演
日時 2019年3月16日(土) 開演:16時 開場:15時   
会場 Circolo Filologico Milanese ミラノ
出演 服部響子(ソプラノ)、朝来泰生(バリトン)、岡田 真季(pf) その他
料金 入場無料
曲目 創作オペラ 歌ものがたり「中将姫」全2幕 12曲
問合先 PTNAかつらぎステーション 075-621-6339
WEB
メッセージ 奈良県葛城市の古刹、当麻寺に伝わる中将姫伝説をもとに、当ステーションの安藤久美先生が脚本、作詞、作曲を書き下ろした大作のコンサート形式オペラです。2008年、葛城市音楽祭のメイン事業として初演し、様々な編成や演出で再演を重ね、このたび、日伊文化交流団体の招聘を受け、ミラノにて初めての海外公演が実現することになりました。 日本からは、竜笛奏者、ヴァイオリン奏者、有志の合唱メンバーが天平衣装を携え、現地のオペラ歌手やソリストと共に演奏します。また世界的に活躍する日本人画家や書家の作品を室礼とした茶の湯のパフォーマンスや、今回の衣装にもなった藍染め作品の展示など、和と洋、伝統と現代の融合をテーマに、日本を紹介し、交流を図りたいと思っています。

今後の公演

  データはございません