金子 一朗 ピアノリサイタル
 
日時 2018年8月26日(日) 開演:19時 開場:18時30分   
会場 彩の国さいたま芸術劇場 音楽ホール (埼玉)
出演 、金子 一朗 (Pf.)
料金 一般3,000円
曲目 ショパン:4つのマズルカ (第26-29番) Op.41
ショパン:ポロネーズ 変イ長調 Op.53 「英雄」
ショパン:スケルツォ 第2番
アルベニス:イベリア
ラフマニノフ:ピアノ・ソナタ 第2番 変ロ短調 Op.36
問合先 048-858-5500
WEB
メッセージ 前半はショパンの代表的な作品で始まり、後半はショパンのピアニズムや作曲語法に大きく影響を受けた近代の偉大な作曲家アルベニス、ラフマニノフの代表作で締めくくります。壮大なロマンティシズムをお楽しみ下さい。

出演者情報


 東京都生まれ。早稲田大学理工学部数学科卒。現在、早稲田高等学校常任理事。一般社団法人全日本ピアノ指導者協会(略称:ピティナ)理事、同フェスティバル実行委員。2005年ピティナピアノコンペティション特級でグランプリおよび聴衆賞、文部科学大臣賞等を受賞。第1回北本ピアノコンクールH部門第1位あわせて全部門での最優秀賞を受賞。これまでに、円光寺雅彦指揮・東京フィルハーモニー交響楽団、現田茂夫指揮・東京交響楽団(テレビ朝日「題名のない音楽会21」)、沼尻竜典指揮・日本フィルハーモニー交響楽団、渡邊一正指揮・NHK交響楽団、曽我大介指揮・東京交響楽団(テレビ朝日「題名のない音楽会21」)などと共演。2006年1月にソロリサイタルを新宿区角筈ホールで開催、2月にはイタリアのトリノおよびボローニャの2都市でもソロリサイタルに出演、同年8月には東京文化会館でソロリサイタルを開催し、それぞれ好評を博す。2007年2月にドイツ音楽のリサイタルを開催。また、2007年8月から2010年8月まで、ドビュッシーピアノ作品全曲チクルスのシリーズ演奏会を行い、雑誌「音楽の友」の演奏評等で高く評価される。2008年夏に(株)フォンテックよりCDをリリースし、雑誌「レコード芸術」の準特選盤として高く評価される。2009年7月に、(株)春秋社より、「挑戦するピアニスト〜独学の流儀」を出版、好評を博す。また、ピティナのホームページにて、ドビュッシーの全ピアノ作品の録音および楽曲解説を連載中。
 YouTubeのhttps://www.youtube.com/user/kanekoicにて、演奏を公開中。過去にピアノを角聖子、神野明、K.H.ケマーリンク、森知英、秋山徹也、田部京子の各氏に、音楽理論を中村初穂氏に師事。

今後の公演

  データはございません