ラ・フォル・ジュルネTokyo2018丸の内エリアコンサート
日時 2018年5月3日(木) 開演:12時   
会場 東京TOKIA1Fガレリア (東京)
出演 近藤千花子(Cl)、石川理史(Vc)、石川悠子(p)
料金 入場無料 [椅子席整理券は当日配布]
曲目 シューマン:3つのロマンス 作品94より 第2曲
ラフマニノフ:ヴォカリーズ (チェロ&ピアノ)
ブラームス:クラリネット、チェロとピアノのための三重奏曲 作品114より 第1、4楽章
問合先 丸の内コールセンター 03-5218-5100
WEB 主催:三菱地所株式会社
協力:ラ・フォル・ジュルネTOKYO 2018 運営委員会(株式会社KAJIMOTO、株式会社東京国際フォーラム、豊島区、三菱地所株式会社)、東京藝術大学社会連携センター、東京藝術大学音楽学部、東京都市大学、日墺文化協会、一般社団法人全日本ピアノ指導者協会、ポーランド国立フレデリック・ショパン研究所、株式会社河合楽器製作所、スタインウェイ・ジャパン株式会社
メッセージ ゴールデンウィークの風物詩、東京・丸の内の街に音楽があふれるがコンサート会場となる恒例の祭典が今年もいよいよ開幕。今年のテーマは「モンド・ヌーヴォ―新しい世界へ」に沿ったミニコンサートが丸の内全16会場で繰り広げられます

出演者情報


 4歳よりピアノをはじめる。1990年シカゴ交響楽団協奏曲コンクール特別賞をはじめ多くのジュニアコンクールに入賞。2001年東京音楽大学卒業、同大学卒業演奏会にアンサンブルで出演。同年文京シビックホールにてリサイタル開催。2003年アメリカ・ノースウェスタン大学音楽学部ピアノ演奏科修士課程を首席で修了。在学中バリトン歌手シェリル・ミルンズ門下の専属伴奏者を務める。学内奨学金コンクール2位。2003年にシカゴでのソロリサイタルをはじめ、演奏会に多数出演。国際芸術連盟新人オーディションに合格、審査員特別賞及び奨励賞受賞。コンセール・ヴィヴァン新人オーディション合格、優秀賞受賞。
ロックポート室内楽音楽祭で故レナード・ホカンソンに、ニューオーリンズ音楽祭でネリータ・トゥルーに、ボードウィン国際室内楽音楽祭でジュリアン・マーティン各氏に師事。2006年コロラドのアスペン音楽祭では公式器楽伴奏者を務める。セントルイス交響楽団コンサートマスター、デビッド・ヘイレン氏と共演。2007年Ensemble Musicaleピアノトリオ演奏会を開催。ピアノをK.ジョンソン、竹尾聆子、アラン・チョウ、室内楽をE.ブッケリー、リタ・スローン、オルガンをM.ケンパーの各氏に師事。器楽及び声楽を中心としたアンサンブルピアニストとして活動中。(2007.9)

今後の公演

  データはございません