設立30年記念 ピティナ宝塚支部がお贈りする音楽の祭典 夢のガラコンサート
日時 2018年9月1日(土) 開演:14時 開場:13時   
会場 池田市民文化会館アゼリアホール (大阪)
出演 大阪フィルハーモニー管弦楽団 三ツ橋敬子指揮 関本昌平(Pf.)  ピアノデュオドゥオール(2台ピアノ)
料金 5000円
曲目 ワグナー:ニュルンベルグのマイスタージンガー序曲

サン=サーンス:動物の謝肉祭

チャイコフスキー:ピアノ協奏曲 第1番 変ロ長調 Op.23
問合先 中西利果子 090-9888-1017
WEB
メッセージ ピティナ宝塚支部がお贈りする夢のコンサート 一般チケットの枚数が限られていますので、お早めにお申し込み下さい。

出演者情報


 ピアノデュオ ドゥオール(藤井隆史&白水芳枝)
~ドゥオール~ 2人が解き放つ 光のハーモニー
藤井隆史:東京藝術大学大学院修了。文化庁及びDAAD特別奨学生としてドイツ・マンハイム音楽大学大学院に学び、国家演奏家課程(ソロ)及びピアノデュオ科最優秀修了。現在、武蔵野音楽大学講師。

白水芳枝:東京藝術大学卒業。野村文化財団及びDAAD特別奨学生としてドイツ・マンハイム音楽大学大学院に学び、国家演奏家課程(ソロ)及びピアノデュオ科最優秀修了。現在、国立音楽大学講師。

'04年ドイツにてデュオ結成後、国際的な賞を数多く受賞。以後、国内外にて600を超えるステージを踏み、リサイタル、コンチェルト、講座、NHK-BS、FM他メディア出演など、ピアノデュオを中心とした活発な演奏活動が、聴衆や音楽誌から高い評価を受けている。
'15年リリースの6枚目CD「2台のピアノのためのゴルトベルク変奏曲」は、3作連続のレコード芸術誌「特選盤」及びレコードアカデミー賞器楽曲部門ノミネート盤に選ばれる。'18年秋頃7枚目CDリリース予定、11,12月に東京、名古屋、大阪にてリサイタルシリーズ決定。近年ピアノデュオでの後進の指導に力を注いでおり、彩の国さいたま芸術劇場共催、カワイ梅田協賛のピアノデュオセミナーや、洗足、同志社女子、相愛各大学での講座など、ピアノデュオの道を切り拓く指導者として、今後の更なる展開が期待されている。
公式サイト:www.yoshie-takashi.com 
公式ブログ: http://ameblo.jp/yoshie-takashi/