フェニックス・エヴォリューションシリーズ84 『屋野晴香 ピアノリサイタル ~19世紀ウィーンへの旅~』
 
日時 2018年6月9日(土) 開演:15時 開場:14時30分   
会場 あいおいニッセイ同和損保 ザ・フェニックスホール (大阪)
出演 屋野晴香(Pf.)
料金 前売り 一般3,000、学生2,000円(当日券500円増。友の会10%割引)
曲目 ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ 第30番 ホ長調 Op.109
リスト:ウィーンの夜会(シューベルトの「ワルツ・カプリス」) 第6番 S.427
シューマン:ウィーンの謝肉祭の道化 Op.26
ショパン:ワルツ 第5番 変イ長調 Op.42
ブラームス:6つの小品 Op.118
バルトーク:ピアノ・ソナタ Sz.80
(予定)
問合先 チケットに関して:ザ・フェニックスホールチケットセンター 06-6363-7999 公演内容に関して:屋野晴香ウェブサイト内 www.haruka-yano.com 問合せフォームまで
WEB
メッセージ フェニックス・エヴォリューションシリーズとして開催される、ウィーン国立音楽大学大学院で研鑽を積んだピアニスト・屋野晴香の帰国後初となる大阪でのソロリサイタルです。今回は19世紀のウィーンの街の情景をプログラムのテーマに、美しい世界遺産の街であり”音楽の都”、ウィーンを巡ります。 東京藝術大学及びウィーン大学大学院で音楽学研究にも取り組む演奏者本人による解説・トーク付。音楽の本質は音色であり共有する相手との対話にありますが、学術的研究は音楽作品を紐解き、時空を超えて作曲家の生きた時間やその作品が生み出された空間へと旅するための地図を与えてくれるものです。その地図を手に、目的地までの景色を味わい、その土地の歴史や人々の暮らしに思いを馳せ、時には寄り道をしてみるのもまた旅の醍醐味ではないでしょうか。 あいおいニッセイ同和損保ザ・フェニックスホール発、19世紀・ウィーンの街への旅。是非ご一緒に出かけませんか?

今後の公演

  データはございません