見て聴いて楽しい! バッハ・オルガン紀行
 
日時 2018年4月14日(土) 開演:14時30分 開場:13時30分   
会場 東京芸術劇場コンサートホール (東京)
出演 椎名雄一郎(Org)
料金 3,500円
曲目 J.S.バッハ:幻想曲とフーガ ト短調「大フーガ」BWV542
J.S.バッハ:フーガ ト短調「小フーガ」BWV578
J.S.バッハ(M.デュリュフレ編曲):「主よ人の望みの喜びよ」
ほか
問合先 03-5216-7131
WEB
メッセージ 「大フーガ」と「小フーガ」の愛称で知られている2曲は、同じ「フーガ」の名ながら対照的な作品です。「小フーガ」はバッハの生まれ育った中部ドイツの作風となっています。一方「大フーガ」は北ドイツ、オランダ、イタリアの作風が見て取れます。今回は2つの作品を手掛かりに、ルネサンス時代からバッハまでの作品を、解説を交えて演奏します。東京芸術劇場の3つのオルガンは、見て聴いて楽しい楽器です。このオルガンの魅力を最大限に引き出すオルガンの名曲を通して、オルガンの新たな魅力を発見していただければ幸いです。

今後の公演

  データはございません